胸椎圧迫骨折を引き起こす原因と痛みを和らげる方法

胸椎圧迫骨折を引き起こす原因と痛みを和らげる方法
胸椎圧迫骨折を発症する患者は、年間数十万にもおよびます。胸椎とは、一般的に背骨と言われている部分の首と腰の間で、肋骨と繋がっている胸の部分の背骨を指します。骨折と言ってもポキっと折れるのではなく、この胸椎を繋いでいる推体が何らかの衝撃などで縦に潰れてしまうことが胸椎圧迫骨折です。

この部分を骨折してしまうと、脊髄神経を刺激し、強い痛みや痺れを感じます。また、完治も難しく、進行によっては後遺症を持ってしまう場合もあります。

ここでは7つの項目に分けて胸椎圧迫骨折の原因や対処法、治療について、大まかに解説します。圧迫骨折は予防と対応が後遺症を残さない為に大切ですので、少しでも知識を身につけて備えましょう。

[ 続きを読む… ]

胸椎圧迫骨折と診断された時に注意すべき7つのこと

胸椎圧迫骨折と診断された時に注意すべき7つのこと

背骨の胸椎部分に圧力がかかり、骨折してしまうことを胸椎圧迫骨折と言います。大きな事故ではなく、「しりもちをついた。」とか「転んだ。」という程度の衝撃で胸椎圧迫骨折になる人が多いといいます。

その場合、もともと骨が弱っていた可能性が高いため、普段から骨を強くする健康的な食生活や運動を心がけておくといいでしょう。胸椎圧迫骨折になってしまった人は、普通の骨折とは違った注意がいくつか必要になってきます。

それらの注意点についてまとめてみたので、回復までの間の行動の参考にしてください。胸椎を損傷すると、通常の歩行が困難になるため、入院を余儀なくされるでしょう。一日も早く仕事や日常生活に戻るため、全力で完治を目標としましょう。

[ 続きを読む… ]

利き手の指を骨折した後のリハビリで注意すべき7つのこと

利き手の指を骨折した後のリハビリで注意すべき7つのこと

利き手の指を骨折してしまうと、日常生活が不便なだけでなく、以前のように元に戻るかの不安と向き合うことになります。ギプスをしている期間は動かすことができず、もどかしく心配な日々を送るのではないでしょうか。

以前のように食事や勉強、スポーツをしたりと、できるだけ完治に近い状態に戻すためには骨折後のリハビリはとても重要です。リハビリは医師や理学療法士の指導のもと開始しますが、事前に自分でも気をつけておきたい点が沢山あります。

リハビリの方法によっては、思うように治らなかったり、治るまでに莫大な時間がかかることもあります。ここでは利き手の指を骨折した後のリハビリで注意すべき7つのことをご紹介します。以下のことを踏まえて、丁寧にリハビリをして完治を目指してください。

[ 続きを読む… ]

手の指を骨折したとき、完治まで注意すべき7つのこと

手の指を骨折したとき、完治まで注意すべき7つのこと
手の指は体の中でも比較的骨折しやすい部分ですよね。日常生活でちょっとした拍子に骨折することもありますし、スポーツをしていても、突き指で済まずに骨折してしまう場合もあります。

腕の骨折をしたときは包帯で吊るしたり、足の骨折をしたときには松葉杖を使いますが、手の指の骨折ではそこまで大げさなことはしません。指をギプスで固定して動かなくする程度です。ですが、骨折は骨折。それなりに注意するべきことはあります。

そこで今回は手の指を骨折してしまったときに注意すべきことについてお伝えします。手の指は非常に繊細な部分で、変に患部に負担をかけてしまうと指が曲がったままになってしまうなどの危険があるので、よく注意をして生活しましょう。ではご覧ください。

[ 続きを読む… ]

足の小指を骨折、悪化を防ぐため即刻すべき7つの処置

足の小指を骨折、悪化を防ぐため即刻すべき7つの処置
足の小指を家具の角にぶつけると飛び上がるくらい痛いですよね。きっと、あまりの痛さに骨が折れたのではないかと思う事でしょう。それでも痛みがすぐに引けばいいのですが本当に骨折していることもあるのです。

他にも、缶詰などの重たいものを足の小指に落としてしまって骨折することもあります。ヒビや骨折しているのにそのまま放置すると悪化してしまうことも考えられます。悪化するとなかなか骨がつかなかったり、骨がついても形が変形して歪んでしまうこともあります。

そこで今日は、足の小指を骨折してしまったとき、また骨折かどうかわからないけれどぶつけてひどく痛むとき悪化を防ぐために即刻するべき処置を7つお伝えします。ではご覧ください。

[ 続きを読む… ]