骨折・捻挫の症状と対処

日常生活に潜むリスク

手の指を骨折したとき、完治まで注意すべき7つのこと

手の指は体の中でも比較的骨折しやすい部分です。今回は手の指を骨折してしまったときに注意すべきことについて紹介します。手の指は非常に繊細な部分で、変に患部に負担をかけてしまうと指が曲がったままになってしまうなどの危険があるので、注意しましょう
骨折・捻挫の症状と対処

足の小指の骨折が完治するまでの期間と治療法を伝授!

「足の小指の骨を骨折した。」というと、いかにも痛そうな印象を受けますよね。誰しも一度は足の小指をぶつけて、痛みにもだえた経験があるはずです。そこで今回、足の小指を骨折した際の治療法や、完治までにかかる期間などの情報を調べてまとめてみました
骨折・捻挫の症状と対処

足の指が痛いとき、骨折したかどうかを自分で確かめる方法

足の指は細い骨が多く骨折しやすいのです。タンスにぶつけた、ぶつけていないに関わらず足の指に痛みが出た場合、骨折を簡単に確認する方法を紹介します。タンスに指をぶつけた話をしたので、小指だけのように感じられるかもしれませんが他の指でも同じです。
骨折・捻挫の症状と対処

恥骨骨折まるわかり!症状・治療法・完治までの期間を解説

普段の生活ではほとんど意識することのない恥骨ですが、恥骨骨折した時の不自由さや治療法に加え、完治するまでにかかる期間についてまとめてみました。恥骨を骨折して完治までの期間に疑問を感じている方、不自由を感じている方は是非ご参考にしてください。
病気の症状と対応について

足の小指が骨折しているかもしれない時の6つの症状

足の小指は、意外と無防備です。皆さん1度くらいは痛い思いをされているのではないのでしょうか。しかし足の小指を骨折したり、ヒビが入ったりと意外と大怪我になりやすいのも足の小指です。小指が骨折している可能性もあります。ぜひ参考にしてください。
骨折・捻挫の症状と対処

恥骨骨折後のリハビリで気をつけるべき8つの生活習慣

ジョギングやマラソンが恥骨疲労骨折を発症させる可能性があることをご存知ですか? 恥骨骨折は何も恥骨を強打することだけが原因で発症するわけではありません。他にも骨盤に負担を与えることで恥骨骨折してしまうということは十分にあり得ます。
身体と健康について

くるぶし骨折での生活不便を乗り越える意外な知恵

足首の骨折やくるぶし骨折は治るまでに時間がかかるもので、療養中は何かと不便ですよね。それがストレスになり精神的にイライラしてしまったり、1人では解決できない問題に気づいたり。今回はくるぶし骨折の療養中の不便さを解消する7つの知恵のご紹介です
日常生活に潜むリスク

尾骨骨折の怖れあり!考えられる症状を徹底究明

お尻の真ん中あたりが痛い!尾骨骨折しているかもしれない!そんなときに考えられる症状をまとめてみました。中川翔子さんが尾骨を骨折して話題になりましたが、普段気にしないこの尾骨、骨折すると嫌なもの。ここで説明することを是非参考にしてください。
身体と健康について

膝蓋骨骨折してしまった!様々な折れ方による症状と治療法

膝蓋骨骨折は膝の外傷の中でも比較的よく見られる骨折です。膝蓋骨は膝関節の前にある、膝の皿と言われるところで、皮膚のすぐ下になります。また折れ方も様々なケースがあり、治療法が違ってきます。以下にケースごとの骨折症状と治療法をご紹介します。
日常生活に潜むリスク

膝が鳴るときは要注意、知らぬ間に起こりうる症状を解説

たちは一日に何度も立ったり、座ったりしますね。そんな時に膝に違和感を感じたことはありませんか?膝が鳴るくらい大したことはないと考えるのではなく、知らない間に起きているかもしれない可能性についてこの機会に是非一度、考えてみましょう。
骨折・捻挫の症状と対処

くるぶし骨折の治りを早くする!日常でできる7つの事

「くるぶし骨折」とはいわゆる足首の骨折のことです。骨折しないのが一番いいのですが、骨折してからでもなるべく早く治したい!と誰でも思います。そこで、今回はくるぶし骨折の治りを早くする7つの方法をご紹介します。
骨折・捻挫の症状と対処

胸椎圧迫骨折と診断された時に注意すべき7つのこと

背骨の胸椎部分に圧力がかかり、骨折してしまうことを胸椎圧迫骨折といいます。胸椎圧迫骨折になってしまった人は、普通の骨折とは違った注意がいくつか必要になってきます。それらの注意点についてまとめてみたので、回復までの間の行動の参考にしてください
病気の症状と対応について

膝蓋骨骨折で急に膝が腫れた!折れ方別の7つの応急処置

膝蓋骨は足の中央にあります。足を曲げたり、のばしたり歩くために非常に重要な役割を持っている部位です。この硬い骨の部分と柔らかい軟骨から出来ている為、年齢や性別にかかわらず、膝蓋骨骨折してしまいます。応急処置を折れ方別にまとめました。
骨折・捻挫の症状と対処

腓骨骨折の際に絶対に注意しなければならない7つの事

腓骨骨折は、ふくらはぎからくるぶしにかけてある2本の骨のうち、細い方の骨で、骨折することも珍しくありません。油断すると障害が残ってしまう可能性があります。今回は、腓骨骨折時の生活について、絶対に注意するべき点を紹介します。
身体と健康について

鎖骨骨折で手術したくない!折れた場所による処置と治療法

鎖骨骨折の治療は外来通院による保存的療法と入院を伴う手術療法があり骨折部位、骨折の程度などによりどちらかを選ぶのですが、どうしても手術をしたくない。そんな時はどうしたらよいのでしょうか?折れた場所による処置と治療法についてお伝えします。