手の指を骨折したとき、完治まで注意すべき7つのこと

手の指を骨折したとき、完治まで注意すべき7つのこと
手の指は体の中でも比較的骨折しやすい部分ですよね。日常生活でちょっとした拍子に骨折することもありますし、スポーツをしていても、突き指で済まずに骨折してしまう場合もあります。

腕の骨折をしたときは包帯で吊るしたり、足の骨折をしたときには松葉杖を使いますが、手の指の骨折ではそこまで大げさなことはしません。指をギプスで固定して動かなくする程度です。ですが、骨折は骨折。それなりに注意するべきことはあります。

そこで今回は手の指を骨折してしまったときに注意すべきことについてお伝えします。手の指は非常に繊細な部分で、変に患部に負担をかけてしまうと指が曲がったままになってしまうなどの危険があるので、よく注意をして生活しましょう。ではご覧ください。



 

手の指を骨折したとき、
完治まで注意すべき7つのこと

 

指の骨折だからと侮らない


手の指の骨折は軽く見られやすいです。吊るしたり、松葉杖を利用する必要もないので、ちょっとの不自由程度にしか考えないかもしれません。しかし、骨折は骨折です。

骨が折れている以上、治療中は細心の注意をはらって生活しなくてはなりません。人間の手の指というのは、かなり繊細な部分です。それなので骨も細く、ちょっとした衝撃でズレてしまう場合もあります。

その場合、一生手の指が曲がったままになってしまうなど、大きな障害が残ってしまう可能性があります。手の指程度の骨折と考えず、繊細な部分だから気を付けるという意識を持ちましょう。

 

患部を高くして、浮腫みをふせぐ


骨折した部分の周辺は基本的にむくみやすいです。これは骨折治療による固定と患部での炎症が原因で起こります。特に手の指を骨折した場合は患部が心臓よりも高い位置にある場合が少なく、かなりむくみやすいと言えます。

それなので寝るときに、手の下に枕を置くなどして、骨折した部分が心臓よりも高い位置に来るように注意しましょう。

このとき、ギプスとの位置によっては血行が悪くなる場合もあるので、上手く調整してください。高く上げるだけでなく、軽く患部の近く(直接はダメです)をマッサージすることも有効です。

 

炎症が収まったら冷やすのではなく温める


腫れや赤身のような炎症の症状が見られる間は、炎症が悪化しないように患部を冷やすことが大切になります。しかし、一度炎症が収まったら患部を冷やさないようにしましょう。冷やしてしまうと血行が悪くなって治りが遅くなってしまいます。

手の指は体の中で末端にあります。末端冷え性という言葉もあるように、非常に冷えやすいです。なので炎症が収まったあとは、意識的に温めるようにしてください。医師の許可が下りているのならば、入浴も非常に効果的です。

 

転倒には要注意


手の指を骨折しているときには、転倒に最大限の注意をする必要があります。まず、単純に転びそうになったときに、人間は反射的に手をついてしまいます。

このときに完全に治っていないにも関わらず手をついてしまうと、骨折が悪化したり、骨の断面が擦れて破片が出てくる場合もあります。最悪の場合には変な角度で骨がくっついてしまい、一生指が曲がったままになってしまう可能性もあります。

また、骨折治療で固定をしている間は転倒しやすいということもあります。人間は全身の動きでバランスをとっています。その中には手の指の動きもふくまれます。なので、手の指を固定しているだけでも転びやすくなるのです。

普段ならなんでもないことでもバランスを崩して転倒する場合があるので、気を付けてください。

 

固定部分は水に触れないように


手の指の骨折はギプスで固定する治療法が一般的です。ですが、指は日常の生活で水に触れやすい場所でもあります。水道で水をながさなくても、食べたり飲んだりするときにいつの間にか水に触れていたということも起こり得ます。

骨折の治療では、完全に患部を固定しているため、水が入ると蒸れて雑菌が繁殖してしまう危険性があります。手の指の骨折ではその危険性がかなり高いので、注意してください。

 

鎮痛剤を利用するときには胃に注意を


指の骨折に限らず、骨折の治療には鎮痛剤がよくつかわれます。鎮痛剤はたしかによく効きますが、利用するときには胃が荒れやすくなるので注意してください。

解熱鎮痛剤を飲むと胃が荒れるというのはよく知られていますが、骨折で使われるのも解熱鎮痛剤とほとんど同じものです。たとえば、ロキソニンは解熱鎮痛剤の定番ですが、骨折でもよく使われます。鎮痛剤を利用している間は、食生活などで胃に負担をかけないように気を付けましょう。

 

無理をしない程度の運動も大切に


手の指を骨折している間も手は動かすようにしましょう。ずっとまったく動かさないでいると、筋力が落ちてしまったり、こわばりが生じてしまう可能性があります。

骨折した指を動かすと痛いのならば、他の指を動かしたり、手首を動かしたりするだけでも十分運動になります。ただし、無理をしすぎると悪化させるだけなので、ほどほどを心掛けてください。

 

いかがでしょう、手の指の骨折は、足などの骨折と比べて、特別気を付けたり、生活への影響もそこまで大きくありません。しかし手は生活の質を保つ上で非常に大切な部分ですよね。

この生活の質というのはQOL(クオリティー・オブ・ライフ)と呼ばれ、今日の医療では重視されています。そのQOLを手の骨折は大幅に低下させてしまいます。

とくに気をつけたいのが転倒で、手の指を骨折している間に転倒をしてしまうと、骨折の予後が非常に悪くなってしまう場合があります。ですので軽い骨折などと侮らず、丁寧な治療をして、しっかり完治させましょう。

まとめ

手の指を骨折したときには

・指の骨折だからと侮らない
・患部を高くして、浮腫みをふせぐ
・炎症が収まったら冷やすのではなく温める
・転倒には要注意
・固定部分は水に触れないように
・鎮痛剤を利用するときには胃に注意を
・無理をしない程度の運動も大切に