足の小指の骨折が完治するまでの期間と治療法を伝授!

足の小指の骨折が完治するまでの期間と治療法を伝授!
「足の小指の骨を骨折した。」というと、いかにも痛そうな印象を受けますよね。誰しも一度は足の小指をぶつけて、何とも言えないもどかしい痛さにもだえた経験があるはずです。

足の小指をぶつけたときの痛みを知る人は、足の小指の骨折の痛みを想像することは容易でしょう。そして世の中には本当に、足の小指を骨折して痛い目にあっている人がいるのです。それも想像よりもずっと多い人が足の小指の骨折に涙を流しています。

そこで今回は、足の小指を骨折した際の治療法や、完治までにかかる期間などについてお伝えします。足の小指は一見大したことのなさそうな部位ですが、骨折してしまうとどれほど厄介な箇所なのかを、読んで参考にしてください。ではご覧ください。



 

足の小指の骨折が完治する
までの期間と治療法を伝授!

 

なぜ足の小指を骨折するのか?


なぜ人は足の小指を骨折するのかわかりますか?いや、その前に「なぜ人は足の小指をよくぶつけてしまうのか。」という問題から考えなくてはなりませんね。

足の小指は非常にぶつけやすい個所です。体の一番外側に位置する足の小指だからぶつけやすいのでしょうか。同様に、外側に位置する頭のてっぺんやかかとや手先もぶつけやすいと言えばぶつけやすいのかもしれません。

しかし足の小指だけがいつもピックアップされるのにはわけがあります。それは、「足の小指をぶつけると、とても痛いから。」ということです。ぶつけただけでトラウマになるほどのあの痛みですから、骨折した日には大人でも泣いてしまうこと必至でしょう。

 

足の小指の骨折者数


「足の小指を骨折した。」という話はあまり頻繁には耳にしません。しかし足の小指を骨折した患者数は、決して少なくはありません。足の小指を、普段のちょっとした段差や家具などに思い切りぶつけて痛い思いをすることは頻繁にありますよね。

高齢者の、特に骨粗しょう症などの方がそのように足の小指をどこかにぶつけてしまったら、骨折する可能性もとても高いのです。

普段からよく足の小指をぶつけてしまう人は、スクワットなどを習慣づけて、足の小指をぶつけることの無いようしっかりと足を上げて歩くように心がけましょう。

 

足の小指を骨折した時の治療法


足の小指を骨折した時、病院では小指を固定されるでしょう。足や手先は神経が過敏にできているため、骨折した時の痛みは激しい場合が多いです。骨折してから数日間は、鎮痛剤や炎症を抑える薬を飲むことでしょう。

痛み止めをもらわないと、「夜中に骨折した小指が痛くて眠れない!」ということになりかねないため、忘れずに処方してもらいましょう。

 

足の小指の手術をする場合


足の小指を骨折した時、骨折の具合によっては手術をする場合があります。体内で骨片が飛び散って、周囲の組織に食い込んでしまっている場合はそれを手術で取り除く必要があります。特に、骨片が関節にかかっている場合は必ず手術になるでしょう。

手術をするというと、ギブスで固定するよりも回復に時間がかかるイメージがありますが、そんなことはありません。手術跡の回復には時間がかかる場合はありますが、骨折そのものの回復までにかかる時間は手術なしの場合とほとんど変わりません。

 

足の小指の骨折のテーピング


足の小指を骨折した時、ほとんどの場合は手術を行わずに固定して安静にして回復を目指します。固定の方法はギブスを使う場合もありますが、隣の指を添え木代わりにテーピングで巻く方法が一般的です。添え木をするよりも違和感がなく、靴を履くことができます。

病院でテーピング方法を聞いて、テーピングが緩くなったら自宅で行ってもいいでしょう。しかし、痛みが激しいときや違和感を感じるときは、必ず病院に行きテーピングを直してもらいましょう。

 

足の小指の骨の融合まで


足の小指を骨折した時に、骨がくっつくまでにかかる期間は大体2~6週間というところです。骨折具合や回復具合には個人差がありますが、早い人なら2~3週間で以前と変わらぬ生活を送れるようになるでしょう。

骨が完全にくっつくまでに、走るなどの無理な行為をしてしまうと、再び骨折部位が痛みだして完治までに時間がかかることがあります。痛みが治まっても無理をせず、完全に治るまでは慎重に行動しましょう。

 

足の小指を骨折した時にかかる治療期間


足の小指を骨折してから、完全に治るまでにかかる期間は大体1~3か月と言えるでしょう。個人差があるため完治までの期間に幅はあります。稀に、骨折した骨が完全にくっついて、「完治」との診断を受けた後にも数か月にわたって痛みや違和感が残る場合があります。

原因は不明ですが、神経が傷ついたか、緊張が残っているのかもしれません。長距離を歩いたり、きつい靴を履くなどの、足の小指に負担のかかる行動をやめて、安静にして経過を観察しましょう。あまりにも痛みが長引く場合は、一度医師に相談するといいでしょう。

 

さて、足の小指を骨折した時に、完治までにかかる期間と治療法についてお伝えしました、いかがでしたでしょうか。

足の小指はぶつけやすく、痛みが激しい個所なので、骨折しないために普段から注意したいですよね。また偏食も骨折の原因となりますので食生活が乱れがちな方も気をつけましょう。

たかが足の小指ですが、骨折してしまうと、歩くたびに痛むなどの支障が出ます。太ももの筋肉を衰えない程度の運動を普段から心がけ、足先などの痛みに敏感な箇所を骨折から守りましょう。

まとめ

足の小指の骨折が完治するまでの期間と治療法のポイント

・なぜ足の小指を骨折するのか?
・足の小指の骨折者数
・足の小指を骨折した時の治療法
・足の小指の手術をする場合
・足の小指の骨折のテーピング
・足の小指の骨の融合まで
・足の小指を骨折した時にかかる治療期間