腱鞘炎の予防法!普段から心がけておきたい7つの対策

腱鞘炎の予防法!普段から心がけておきたい7つの対策

手や腕を使いすぎて休めないと、腕などにある腱鞘部位が炎症を起こし、腱鞘炎になってしまいます。手や腕が腱鞘炎になると、震えたりひきつったりするため、動かすことが困難になります。当然、日常生活にも仕事にも多大な影響を及ぼします。

腱鞘炎を危ぶむほどに手や腕を酷使している人は、普段から腱鞘炎予防のための習慣を身につけましょう。パソコンなどのデスクワークでも腱鞘炎になる人もいるくらいですから、とにかく四肢の使い過ぎは注意しなくてはなりません。

また、道路工事や森林伐採などの仕事についている人の中にも、腱鞘炎になる人が多いと聞きます。手は人の生活に欠かせない大切な役割を果たしてくれる部位です。

大切に扱い、腱鞘炎などのトラブルから守ってあげましょう。以下に腱鞘炎予防法を紹介していくので、生活に取り入れてみてください。

[ 続きを読む… ]

両手の指の腫れがひかないときに考えられる7つの疾患

両手の指の腫れがひかないときに考えられる7つの疾患
両手の指が腫れたり曲がったりして、生活に支障が出る症状があります。このような場合、手は日常生活でとてもよく使う箇所なので、少しの腫れや痛みでも、ものすごく不自由を感じますし、また人からもわりとよく見られる場所なので気になりますよね。

両手の腫れなどの深い症状が出た場合は、まずはご自分の症状をよく見てから、すぐにでも病院へ行くことをお勧めします。ただのむくみでは済まされない、重大な疾患が隠されている可能性があるからです。

両手の不自由は病気によっては回復までに長期間かかる場合がありますが、しっかりと直して健康な日常生活を取り戻しましょう。そこで今日は、両手の指の腫れから考えられる疾患についてお伝えします、ぜひ参考にしてください。

[ 続きを読む… ]

手首の痛み具合から疑うべき疾患と緩和させる方法

手首の痛み具合から疑うべき疾患と緩和させる方法

パソコンなどのデスクワークに従事している人の間で、手首が痛む症状に悩まされている方が急増しています。そこで手首の痛みから連想される病気や、その原因や緩和方法についてまとめてみました。

手首が痛むとデスクワークにはとても支障が出るため、なるべく早くにつらい症状をなんとかしたいところでしょう。手首の痛みに効くストレッチ法や体操についてもまとめてみましたので、なるべく早くに実践して、症状改善に努めましょう。

[ 続きを読む… ]

足の小指が骨折しているかもしれない時の7つの症状

足の小指が骨折しているかもしれない時の7つの症状
足の小指は、意外と無防備ですよね。皆さん、1度くらいは痛い思いをされているのではないのでしょうか。テーブルや椅子の脚、家具の角、ドアの開閉で怪我をする箇所は多くあります。足の小指は小さいですし、どちらかというと存在感が薄い部位です。

しかし足の小指を骨折したり、ヒビが入ったりと意外と大怪我になりやすいのも足の小指です。普段から、足の大きさを気にして行動している人は余りいませんよね。

でも、この小指はかなりの曲者です。どこかにぶつけようものなら、親の敵のような痛さは言葉を失ってしまう程、強烈です。小指をぶつけた位では病院に行こうとはせず、湿布を貼ったりして様子を見る人が多いでしょう。でも、たかが小指だからと「ナメテ」はいけません。小指が骨折している可能性もあるのです。

そこで今日は、足の小指が骨折しているかもしれない時の症状についてお伝えしますので、是非参考にしてください。ではご覧ください。

[ 続きを読む… ]

手のしびれの原因は肘部管症候群?!事例と適切な処置とは

手のしびれの原因は肘部管症候群?!事例と適切な処置とは

手のしびれは神経障害の疑いがあります。肘部管症候群による手のしびれは、手の麻痺が原因となっています。これを放置してしまうと、手の筋肉の縮小や、小指・環指の変形が生じます。神経障害の一種なので、放置していていいことはひとつもありません。

症状を放置してしまうと様々なリスクを高めてしまう可能性があります。特に、症状の原因となるガングリオンは腫瘤と呼ばれ、これは悪性ではない腫瘍を意味しています。

症状をもとに原因を特定することができれば、簡単に治すことができるので、すこしでも疑いがあれば医師の診察を受けてください。決して難しい処置ではないので、心配はいりません。ここでは初期症状の発見から実際に処置の方法までを紹介していきます。

[ 続きを読む… ]