「突き指」と「骨折」を一瞬で見分ける5つの方法

「突き指」と「骨折」を一瞬で見分ける5つの方法
普段の生活の中で意外に多い怪我が突き指ですよね。スポーツをする人なら、1度や2度は経験しているのではないでしょうか?みるみるうちにズキズキと赤く腫れる指は、まず冷やすのが基本。ある程度腫れが引くまでは冷やしましょう。

さて、ここからが問題です。これは突き指?それとも骨折?指の骨は小さいので、折れたりヒビが入っても判断が付きにくいのです。骨折ならすぐに整形外科に行って治療して貰う必要があります。しかし大体が「ただの突き指だから…。」と湿布だけで済ませてしまい、数週間痛みが止まらなくて、受診したら骨折だった、と気付く場合が殆どです。

そこで今回は「突き指」と「骨折」を一瞬で見分ける5つの方法についてお伝えします。ではご覧ください。



 


「突き指」と「骨折」を一瞬で見分ける5つの方法

 


指が変な方向を向いている


あまり痛みはない、でも、指の方向がちょっとおかしい…。これは間違いなく骨折です。すぐに整形外科を受診してレントゲンを取って下さい。脱臼している可能性もありますから、手を動かすと激痛があるはずです。固い物で手を固定してすみやかに病院へ行きましょう。

指の第一関節から先が、まるで槌のように、フックの様に内側へ曲がったままになってしまい、自分で伸ばそうとしても指先がまっすぐ伸びない場合、マレットフィンガーの可能性があります。

これは「槌指」とも言われる、突き指に多い現象です。第一関節付近の伸筋腱がくっついている骨が折れてしまっていたりする場合に見受けられる症状です。マレットフィンガーは、長い期間放置しておくと、骨折の場合は、骨が正しい位置ではない状態でくっついてしまって、指が変形する場合があります。

 


指が動かない。左右に回旋させるとぐらぐらする


突き指の時は指を引っ張ってはいけません。しかし骨折かどうか調べる為に、そっと引っぱるのは仕方ありません。自分で動かしても指が動かない場合、指をそっと掴んで左右に回旋させてみましょう。

ぐらぐらして痛みが走るなら骨折の疑いがあります。指先は小さな骨で形成されているので、突き指をした時に、骨の端が欠けていたりすることがあっても、あまり痛みを感じないようです。

特に成長期の子供の場合、成長期の骨と筋肉は、とても柔らかくなっています。そのため骨折しやすいのですが、痛みを感じない場合が多いので注意が必要です。

 


関節ではない部分が赤く腫れる


関節ではない部分が赤く腫れる場合は靱帯断裂骨折の可能性が高くなります。折れた骨が指を太く見せているのかも知れません。そのままにしておくと指が曲がらないなどの後遺症が残ってしまう事があります。

よく突き指と骨折の見分け方で「内出血があったら骨折」とか「指が曲がったらただの突き指」と言われますが、これは医学的根拠はありません。突き指と骨折の見分け方はぱっと見ただけではお医者さんでも突き指か骨折かわりません。

しかし関節ではないところに腫れと強い痛みがある場合には指の骨が折れてる場合がほとんどです。素人でも分かり易いので、早急に整形外科を受診して下さい。

 


指の先が伸びない


痛みはあまりないけど、指の先が伸びない場合、骨折が考えられます。腫れている部分を注意深く、ピンポイントで押さえてみてください。激痛が伴う場所があるはずです。放置しておくと骨折部がつかない偽関節が出来たり、そのまま曲がったままになり、指全体が機能障害を来すこともあります。

成長期の子どもの場合には骨膜という膜がしっかりしているため、骨折していてもそれ程重症感のないこともありますが、早めの治療が肝心です。すぐに整形外科を受診しましょう。

 


曲がった指を引っ張ったら戻った


突き指が骨折していた場合、自分で治そうと指を引っ張る人がいますが、それは絶対にやめましょう。突き指には骨折と脱臼の両方の可能性があります。脱臼骨折や顆部骨折は指のけがとしては重傷です。特に脱臼骨折は後遺障害を残しやすく、できるだけ早期に適切な治療を行う必要があります。通常は手術が必要になりますから、安易に自己判断をせず、早めに病院に行きましょう。

突き指は大人も子供もなりやすく、比較的軽視されがちな疾患です。特にスポーツをやっている人は「みんなもやってるのに、私だけ騒ぐのは恥ずかしい」と思ってきちんとした治療をしない場合が多いのです。自分の痛みは自分にしか分かりません。恥ずかしがらず、病院へ行く事が大切です。

 

いかがでしょう、医者でも見分けがつきにくいのが「突き指」と「骨折」です。もしこの5つに当てはまらない場合でも、1週間すぎても痛みが引かない場合は病院を受診して下さい。突き指はねんざと一緒ですから、大体1週間で完治します。

しかし骨折の場合、指で物をつまむのも出来ないはずです。ねんざは冷やして治しますが、骨折は温める治療が必要ですから、放置しておくと反対の治療方法を試す事になってしまいます。ますます完治を遅らせる事になりますから、素人判断は止めて、きちんと病院で診断してもらって下さいね。

まとめ

「突き指」と「骨折」を見分けるポイント

  • 指が変な方向を向いている
  • 指が動かない。左右に回旋させるとぐらぐらする
  • 関節ではない部分が赤く腫れる
  • 指の先が伸びない
  • 曲がった指を引っ張ったら戻った