サプリメントの副作用なしに賢くダイエットする7つの方法

サプリメントの副作用なしに賢くダイエットする7つの方法
ダイエットがはかどらない時、カロリーコントロールや運動、エステにツボ押しなど、色々試したくなるものですね。しかし、ダイエットに費やす時間も労力も、忙しい現代人では限られてしまいます。そこで方法の一つとしてサプリメントを選ぶのも良いでしょう。

ただし、サプリメントでのダイエットはお手軽にダイエットできる傍ら、副作用をはじめとした危険性も数多く指摘されています。

ダイエットで不健康になってしまえば、せっかくの外出やファッションも楽しめず、悪化させてしまえば、仕事や日常生活に至るまで、できる事が限られてしまい本末転倒です。そこで、副作用などの心配をせず、賢くサプリメントでダイエットするために気をつけるべき7つの方法をご紹介しましょう。

[ 続きを読む… ]

サプリメントの副作用!危険を避けて正しく用いる基礎知識

サプリメントの副作用!危険を避けて正しく用いる基礎知識

サプリメントは食品の栄養素を凝縮した商品のことを指します。たいていは錠剤ですが、粉状や飲料のサプリメントも多数存在します。日本のサプリメント業界は、年間にすると莫大な売り上げを誇るサプリメント関連商品の開発に力を注いでいます。

私たち消費者にとっても、足りない栄養素をお手軽に補えるサプリメントの存在は健康を助長するありがたい存在と言えるでしょう。

しかし、最近のサプリメントの普及や、栄養摂取の過剰広告のせいで、消費者の中に「間違ったサプリメントの摂り方」をしている人が急増しているとして問題になっています。

濃縮した栄養を偏った形で大量にとることによる疾患も多数報告されていると言います。サプリメントの恐ろしい副作用の検証とともに、サプリメントに頼らない正しい栄養摂取法を紹介しますので、参考にしてください。

[ 続きを読む… ]

レーシックの後遺症!受けた人が激白する7つの具体例

レーシックの後遺症!受けた人が激白する7つの具体例

遺伝や普段の生活習慣、暗いところで本を読んだりゲームをしたりと、視力を下げる要因は世の中にちりばめられています。携帯が一般家庭へ普及してからは、携帯電話が視力の悪化を加速させるという話もあるくらい。それでも携帯のない生活なんて考えられませんよね。

PCも同じです。視力矯正のために眼鏡をかけたりコンタクトを使用したりして対応していると思いますが、レーシック手術が広く知られるようになった近年では、レーシックを受けて視力を回復させたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに眼鏡をかけていると眉間やこめかみが痛くなるし、コンタクトは手入れに手間暇がかかる。レーシックで半永久的に視力を回復させられるなら、少しくらい高くついてもやらない手はないと思われるのは自然の流れかもしれません。

でも気を付けて。レーシックを受けて後遺症が出たという例も、少なからず発見されているのです。以下ではレーシックの後遺症について、7つの具体例でまとめたものを紹介していきます。今からレーシックを受けようと検討中の方は、参考にしてみてくださいね。

[ 続きを読む… ]

レーシック手術の後遺症として疑われる7つの症状

レーシック手術の後遺症として疑われる7つの症状

レーシック手術は、視力が悪く日常生活でもメガネやコンタクトなど、不便な思いをされている方には視力を良くする魔法の手術のように紹介され始めています。今や日本でレーシック手術を受ける人口は年間およそ5万人とも言われています。

そんな夢のような手術ですが、視力回復の利点とは裏腹に、約半数の経験者が手術後の後遺症に苦しんでいるという報告があります。また、後遺症もすぐ現れるものではなく、ゆっくり時間をかけて現れるため気づき難いという点もあります。

そこで、以下のレーシック手術の後遺症として疑われる症状をご紹介します。後遺症もケアによっては緩和される場合もあります。当てはまるものがあるかどうか、確認してみてはいかがでしょうか。

[ 続きを読む… ]

あざと病気の関連は?症状から見抜く7つの原因

あざと病気の関連は?症状から見抜く7つの原因

あざと言えば、一般に青あざを指しますが、専門的には、皮膚が変色している部分を総じてあざと言います。あざは、内出血だけではなく、皮膚の炎症や様々な病気によって引き起こされるので注意が必要です。

とはいえ、ほくろやそばかすのように病気とはまったく関係のないあざもありますね。問題はないのですが大きさや量によっては目立ちますので顔にあると特に女性にとっては気になるものです。あざはレーザーなどで治療しますが痛みもあるし、何より経済的に負担がかかります。

女性なら、ファンデーションでカバーする方法が勧められたりしますが、男性はそうもいかないでしょう。何より根本から治さなければ、いつまで経ってもあざは消えません。ここではあざの症状から病気を見抜く7つの原因を説明します。

[ 続きを読む… ]