美容整形に失敗や後悔を感じる女性に共通した7つの心理

美容整形に失敗や後悔を感じる女性に共通した7つの心理

美容整形に失敗と聞いてどう感じますか?韓国では気軽に美容整形をする人が多いといわれています。日本では、それほど気軽に行えるものではありませんが、目を二重にしたり胸を豊かにしたりということはよく聞きますよね。

芸能人などがやっているという話は聞いても一般の人はあまり身近では聞かないことが多いのではないでしょうか。それもそのはず、日本では、持って生まれた顔、体のままでというのが美徳とされている面がありますね。

しかし、実際に美容整形を経験した人は思った以上にたくさんいるのです。美容整形をしてよかったという声も聞かれる反面、失敗や後悔などで悩んでいる女性もたくさんいます。そんな女性に共通した7つの心理に迫ります。

 

美容整形に失敗や後悔を
感じる女性に共通した7つの心理

 

完全主義の人

性格的にこうでないといけないという思いが強くて、自分の意図するところと美容整形によって出来上がった自分の容姿に違いを感じると、どうしてもそこが我慢できなくなって失敗したと感じたり、後悔を感じたりするということはありがちなものです。

そして再び別の美容整形に通ったり、また再手術をして理想に近づけたりということを繰り返してしまうのです。これでいいと自分で納得をすることができない性格の限り、満足というものが得られないとも言えます。

 

本当の自分を受け入れていない

もともと、自分の容姿に嫌気がさしている状態が長く続いていたので、お金を貯めて思い切って美容整形をしたという人は多いものです。確かに、美容整形をして、人生がバラ色に変わったという声を聞くこともあります。

ビフォー・アフター的な番組では、見ている方も感心するぐらいの変身ぶりです。しかし、たとえ整形をしてきれいになったとしてもそれをずっと維持していくにはある程度の努力が必要でしょう。

それを怠って変わってしまったからまた整形したという話も聞きます。怠らずとも加齢は避けられず誰しも外見上は老いていくものです。そこはしっかり受け入れたいところです。

 

生まれ変わることを願う

自分が嫌い、自分の容姿が嫌い、生まれ変わりたいと願い美容整形をする人もいます。そしてこうすればこうなるだろうという自分の想像によって、あるストーリーが出来上がります。しかし、実際には、恋愛も外見だけではうまくいかないもの、結婚も同じでしょう。

うまくいかない理由を内面に求めると、逃げ場はありません。その点、外見に求めると美容整形が失敗だったということで、もうちょっとここがこうならこうなっただろうと、考えるほうが気は楽です。自責よりも他責の方に心理的には動く人が多いといえます。

 

こだわりがある

こだわりが強い人はこの世の中には多いものです。物事全体にこだわっている人もいれば、この点は譲れないという一部のことだけにこだわる人もいます。誰しもそのこだわりというものは、ある程度持っている方が良いこともあります。

しかし、そのこだわりがあまりにも強すぎたり、偏っていると柔軟性がなくなったり、人の意見を聞き入れられないという悪い面も出てきます。

脅迫的にこうしなければという思いに駆られる人は、美容整形をしてもこだわりが出てきて失敗したと思ったり、後悔をしては何度も繰り返すようになるでしょう。

 

後悔をする人

美容整形をして友達や彼氏もできて、今までの生活とは変わって性格も明るくなったという人も中にはいるでしょう。もちろん、華やかさや明るさは、周りも明るくしてくれるでしょう。それでも美容整形をした本人は、後悔をしているのはどうしてでしょうか。

それは実は、その人が本来持っている癖に影響しているとも言えます。優柔不断な人は欲張りな人が多くてこっちにするとあっちが良かったと後から思ってしまうこともあります。

後悔をする癖がずっとついているために、何をしてもどうなっても満足をすることはなく、後悔をしてしまうのです。

 

褒めてもらわないと安心できない

美容整形は成功して見た目も綺麗になったものの失敗だと感じたり、後悔してしまう女性の中には、人から愛されないと安心していられないという女性もいます。男性から、または女性からも「綺麗だよ。」とか「かわいいよ。」と言われないと安心できないという人もいます。

人から愛されたいという欲求が強い人が美容整形をして、その後の人生でちやほやされなくなると美容整形は失敗だったと後悔をすることになるでしょう。

これは、例えば、ファッションや髪型にも言えることです。頻繁に髪型を変えたり、服装を着飾ったりするという人も注目を浴びたいという心理が強い人です。

 

自己愛主義者

自己愛主義者の人、つまりナルシストは自分を愛しているために、人に尽くすことよりは人から尽くされたいと思いがちです。思っていなくても自然にそうされるのが当然だと感じていたりします。

あまりに自分自身に注目をしすぎて自分の外見も一部ばかりにこだわり、周りを見ていないという状況にも陥りがちです。すると、そうではないのにここがおかしいと感じたり、失敗していると感じたりすることもあります。

 

いかがでしたでしょうか。

美容整形をして、失敗や後悔を感じる女性に共通する心理について、7つ挙げて説明をしてきました。それぞれ別でありながら、ある意味つながっているとも言える心理です。子供の頃の育った環境が影響しているということもいえるでしょう。

 

まとめ

美容整形に失敗や後悔を感じる女性に共通した7つの心理

・完全主義の人
・本当の自分を受け入れていない
・生まれ変わることを願う
・こだわりがある人
・後悔をする人
・褒めてもらわないと安心できない
・自己愛主義者


連記事