リスクヘッジとは?意味を知って仕事に生かす7つの方法

リスクヘッジとは?意味を知って仕事に生かす7つの方法
リスクヘッジという単語をご存知ですか? 聞いたことは有っても意味がよくわからないという方、あるいはまったく聞いたことが無いという方、これからその意味をご説明します。

そして意味も使い方も知っているから今更説明なんて読まなくても良いという方、あなたのリスクヘッジの使い方は本当に正しいですか? リスクヘッジとは何か平たくいえば、危険軽減や損失軽減という意味です。

もとは金融系の職業の方から派生したと言われています。実はこのリスクヘッジという単語は、誤って使用されていることも非常に多いです。『リスクヘッジのため投資しない』『意見を取り下げることでリスクヘッジにつなげた』単純に危険軽減と考えれば誤用ではないように感じられますが、このような使い方は誤りです。

リスクヘッジとは、リスクは軽減させるが回避はしないという考えから来ているものなのです。ここでは正しい意味で仕事に生かす方法をご紹介していきますので、意味を誤解されていた方は特に気を付けて目を通してみてくださいね。



 

リスクヘッジとは?
意味を知って仕事に生かす7つの方法

 

危険回避ではないことを念頭に置く


これからご紹介していくのは、リスクヘッジの意味を知り仕事に生かす方法です。遊びでも趣味でもなく仕事となれば最も大事になってくるのは取引先の信頼を得ることでしょう。

信頼を得るために必要となるのは当然、信ぴょう性のある情報を提供することです。だとすると、本来の意味を正しく使用することの重要性もおのずとわかると思います。間違いだらけの資料でオリエンテーションされても、信頼どころか胡散臭さしか感じられませんよね?

リスクヘッジは冒頭で述べたように危険の完全回避と間違われることが非常に多いです。意味を正しく理解したうえで、正しい文脈で使用しましょう。

 

リスクマネジメントとの違いを知る


リスクヘッジよりもリスクマネジメントという単語の方が多用されているので耳にする機会は多いのではないでしょうか。中にはリスクマネジメント=リスクヘッジだと思われている方もいらっしゃるようですが、それは誤りです。

マネジメントという言葉は管理という意味でよく使用されますので、簡単に言えば危機管理だと思っていただければ概ね間違いではありません。リスクマネジメントとは、リスクを把握し分析しそのリスクに対応してその後評価するという一連の流れを指しています。

それに対してリスクヘッジは先行投資や保険をかける段階のみを指します。リスクヘッジにはリスクへ対応しそれを評価する段階は含まれませんので、一連の流れを知的に現したいときにはリスクマネジメントを活用しましょう。

 

リスクアバージョンと使い分ける


リスクマネジメント以上に誤用されやすいのが、このリスクアバージョンです。誤用されている文章のほとんどが、リスクヘッジからリスクアバージョンに置き換えれば正しい文章となります。

ここまでいえばもうおわかりですね。リスクアバージョンの意味は危険回避。危険を回避するという意味の表現を外来語を使ってかっこよく表現したいのであれば際にはリスクヘッジではなくリスクアバージョンを使いましょう。

ですがあまりにも外来語を会話に織り交ぜすぎると少しくどくなります。どうしても使った方がいいという単語ではないので、仕事上ではわかりやすく危機回避という日本語を活用した方が親切かもしれません。

 

保険・共済に加入する


リスクヘッジの意味を知らなくとも、保険や共済に加入しているという方は多いのではないでしょうか。そういった方々は無意識的にリスクヘッジしていると考えて間違いないです。関節的に仕事に生かしていると考えても良いのではないでしょうか。

リスクヘッジには利益を抑えることになっても、損益があったときのダメージを軽減するという意味があります。保険や共済は、掛け金を払って万一の時に備える仕組みですよね。

医療保険、医療共済を例にして考えると簡単です。いくらかの掛け金を払い込み、病気になったときは保険金や共済金を支払ってもらえる。だけど病気にならなかった場合は損になる。たったそれだけのことなのです。

 

先物取引に目を付ける


先物取引とは本来、作物などに使われていた言葉です。収穫前の小豆や大豆などを取引することを収穫前のものを取引するということで先物取引と言われるのですね。しかし昨今ではむしろ株取引に関した意味で使われることが多いようです。

株取引はものすごく簡単に言えば好きな時に株を買い、好きな時に売る取引です。しかし先物取引の場合は売買できる期間が限られており、設定された期間が経過すれば自動的に決済されます。利益も損失も、通常の株取引よりは抑えられるのが特徴ですね。

 

保有株の値下がりをリスクヘッジする


上記と関係してくるお話ですが、株取引とはギャンブル性の極めて高いものだと思われがちですよね。ギャンブルと言えばまさに天国と地獄、一瞬の判断で大金持ちになったり逆に路頭に迷ったりする羽目になる印象が強いです。

対してリスクヘッジとは、大きな損失を回避するために利益が多少減ってしまうのは仕方ないというような印象です。そこだけ抜き出すと両社は相容れない関係性のような気もしますが、実は密接に関係してきます。

しかし株取引に関して全て記載するには長すぎるので最重要事項だけを抜粋すると、株取引に関して一番重要なリスクヘッジは日常生活に支障をきたすことのない程度に投資するという一点につきます。お小遣いの範囲内でパチンコをするようなものですね。

 

リスクヘッジを併用する


ここまでの文章から導き出されること、それはリスクヘッジは決してワンパターンではないし、併用できないことでもないということですね。生命保険にも自動車共済にも同時に加入できますし、通常の株取引も先物取引も同時に取り組むことが出来ます。

耐震構造の家を建てるのもリスクヘッジでしょうし、受験の際に滑り止めを受けておくのもリスクヘッジです。あなたの日常生活に必要な範囲でうまくリスクヘッジをしていくことで、あなたの生活はより快適なものとなるはずですよ。

 

いかがでしたか。

特に意識せずにリスクヘッジしていたという方も、間違った意味でリスクヘッジという単語を認識していたという方も、これでリスクヘッジの意味を正しく理解していただけたのではないでしょうか。機会があれば日常会話の中で使ってみると一目置かれるかもしれません。

リスクヘッジに限らず、カタカナで現されるいまいち意味のわからない単語が多用されるようになってきています。得意げに新しい単語を活用するのではなく、しっかり意味を調べてから正しい用途で使用していきたいですね。

 

まとめ

リスクヘッジとは?意味を知って仕事に生かす7つの方法

・危険回避ではないことを念頭に置く
・リスクマネジメントとの違いを知る
・リスクアバージョンと使い分ける
・保険・共済に加入する
・先物取引に目を付ける
・保有株の値下がりをリスクヘッジする
・リスクヘッジを併用する