名探偵コナンの都市伝説☆知らなきゃ良かった!7つの噂

名探偵コナンの都市伝説☆知らなきゃ良かった!7つの噂

言わずと知れた、週刊少年サンデー連載の超人気漫画「名探偵コナン」。TVアニメに映画にもと、メディア展開も広く、子供から大人まで幅広い支持を受けている漫画ですが、実は、名探偵コナンには、「知らなきゃよかった」と思ってしまうような、黒い噂があるのです。

勿論連載中なので、真相は終わってみないと分からないのですが、今の時点でささやかれている噂の数々をまとめてみました。

 

名探偵コナンの都市伝説☆
知らなきゃ良かった!7つの噂

 

円谷光彦は本当に小学校一年生なのか?

礼儀正しく、正義感に篤い光彦。少年探偵団の一人として、勿論コナンには及ばないものの、頭脳の面で活躍するキャラクターです。…しかし、ちょっと待って下さい。彼は小学校一年生のはず。なのに、源義経や吉田松陰といった日本史の知識はおろか、コナン・ドイルによる、シャーロック・ホームズの「赤毛連盟」の知識まであります。

え? 「赤毛連盟」の話は、子供の頃の学習漫画でダイジェスト版を見たことがあるって? しかし、彼は小学校一年生ですよ? 連盟という漢字はおろか、ひらがなを学校で学んでいる児童です。読めるはずがないじゃないですか。

果たして、彼は本当に小学校一年生なのでしょうか。謎は深まるばかりです。

 

トリックの元ネタがある

さて、既に死亡者数500人を越えようかという名探偵コナンですが、毎回毎回良くトリックのネタが尽きないと思いませんか? 某ドラマみたいに、いつも鉄道の時刻表を睨んでいるわけでなし、一体どこにそんなネタがあるのでしょう。

…実は、その元ネタがあるのです。小説家の江戸川乱歩が1953年にまとめた、「類別トリック集成」がそれで、それを補訂したものが、「続・幻影城」に収録されています。評論文なので、別に事細かに説明されているわけではないですが、そのパターンは全部で225種類。それを二つ以上組み合わせるだけで、膨大な数のトリックが生み出されるわけです。

 

絶対に起こらない事件がある

しかし、その膨大なトリックによる事件が山ほど起こっても、TVアニメでは決して起こらない事件があります。それは、ガスの爆発や、ガス周辺機器に関するトリック。未だに一度も起こっていませんし、今後も描かれないでしょう。何故なら、TVシリーズのスポンサーに、「日本ガス協会」がいる為です。嫌ですね、大人って。

 

TVアニメオリジナル回の厳しさ

江戸川乱歩による、古き良きトリック集を駆使する原作とは別に、TVアニメにはオリジナル回があります。では、こちらも乱歩先生に力を借りているのかと言えば、実はそうではありません。なんと、文芸部の方針でかなり厳格につくられるのです。

犯罪に用いられるものは現実に存在したものでなければならず、毒物であれば、正式な名称と正式な化学反応が求められます。加えて、子供向けの番組なので、子供が簡単に真似出来ないようなトリックでなければならないのです。その為、脚本家はオリジナルを嫌がるのだそうです。

 

最低のオリジナル回がある

さて、そのオリジナル回が厳格になる切っ掛けになった話があります。それは、TVアニメ最初のオリジナル回である、第六話「バレンタイン殺人」です。この回は、子供番組らしからぬ話で、子供の好きなケーキに毒を仕込んだり、コナンにピッキング行為をさせるなどの描写を盛り込んだものです。

子供の教育上悪く、またトリックもリアリティに欠けると思った文芸担当者はこの時の脚本家と大げんかしました。しかし、「東映の用心棒」との異名を持つこの脚本家、コワモテで、しかも頑として譲らす、逆に文芸担当者を言い負かしてしまい、この回は無事制作され放映されます。勿論、この脚本家はこの話以降、二度とコナンの仕事をしていません。

コナンのチーフプロデューサーによれば、この脚本家、自分の考えたトリックが実現可能かどうか病院に聞きに言ったそうです。そこで、ちゃんとケーキに仕込む毒物を青酸カリにして、解毒剤を乳製品にすれば実現可能なトリックだという言質をとっていたそうなので、だからこそ文芸担当を言い負すことが出来たのでしょう。

 

打ち切り寸前のTVアニメ

長寿番組ではありますが、実はTVアニメの名探偵コナンは、視聴率や、放送時間の状態から、既に打ち切られて当然の状態で放送が続けられています。それどころか、月曜のゴールデンタイムでの放送枠が消えた時に、打ち切られるはずだったそうです。

しかし、何故未だに放映されているかと言えば、原因は劇場版。劇場版の観客が多く、予想以上に興行成績が良い為に、その客をつなぎとめる為だけに放映を続けているそうです。つまり、劇場版がコケるとすぐに打ち切られるわけです。劇場版の為だけのTVアニメなんですね。

 

黒幕の正体は誰か?

原作者の青山剛昌さんが、「実はその黒幕の正体は、もう既に作中に登場している意外な人物なんですよ」と発言した為に、「黒の組織」の黒幕探しがファンの間で話題になりました。

そして、浮上した最有力候補が、なんと阿笠博士なのです。黒の組織のメンバーのコードネームは全て酒の名前で、ジン、ウォッカ、シェリーなどが使われていますが、「アーント・アガサ」というカクテルが実はあるのです。そして、タイミングよくコナンとの通信が切れた直後に、黒の組織へボスからの指令があったりと、怪しさ爆発の描写もちらほら。果たして、黒幕は誰なのでしょうか。

 

いかがでしたか。北米でも放映されている名探偵コナン。長い放映期間の間に、主人公の声優である高山みなみさんと原作者の青山剛昌さんが結婚し、しかも離婚までしているという、長い年月が重ねられています。その間には積み重ねられたドラマがあり、そして内容も情愛に溢れる漫画です。これを機に、もう一度読みなおして見てはいかがでしょうか。

まとめ

名探偵コナンの都市伝説☆知らなきゃ良かった!7つの噂

・ 円谷光彦は本当に小学校一年生なのか?
・ トリックの元ネタがある
・ 絶対に起こらない事件がある
・ TVアニメオリジナル回の厳しさ
・ 最低のオリジナル回がある
・ 打ち切り寸前のTVアニメ
・ 黒幕の正体は誰か?


連記事