ナウシカの都市伝説☆知るとより楽しめる7つのストーリー

ナウシカの都市伝説☆知るとより楽しめる7つのストーリー

ジブリの代表作と言っても過言ではない「風の谷のナウシカ」。公開から数十年たった今でもジブリファンの心をしっかりとわしづかみしています。そんなナウシカに関する都市伝説について調べてみました。

ナウシカの独特な世界観の謎について、諸説飛び交っていますが、中でも信憑性の高いものを中心にまとめてみました。都市伝説を観た後に改めてナウシカを観てみると、新たな視点から楽しめること間違いないでしょう。あなたの抱いていた様々な謎も、ここで解消されるかもしれませんよ!

 

ナウシカの都市伝説☆
知るとより楽しめる7つのストーリー

 

ナウシカはノーパン!?

ナウシカが颯爽とメーヴェで飛び去るシーンは何とも爽快で見どころの一つなのですが…メーヴェで飛んでいるナウシカを下からのアングルで映したとき、見ている人は「!?ナウシカ、ノーパン!?」と焦ったはずです。

一瞬で終わるシーンなうえに、その後の物語の展開に引き込まれるため小さな疑問はかき消されるのですが、後々に残ります。そんな「ナウシカがノーパン」という都市伝説を、まさかのジブリ関係者に聞いてしまった素直な記者がいました。

ジブリの回答としては、「肌色に近いタイツを着用している。」とのことです。一安心ですね。ナウシカに過保護なほどの思いを寄せている城おじたちが、まさかかわいいナウシカをノーパンで飛ばせるわけがないのですが(笑)。

 

火の七日間は核戦争?

ナウシカの作中に出てくる世界は、大昔に「火の7日間」という戦争の末に世界のほとんどは住めない環境になり、人類はわずかに残った土地に細々と暮らすようになったという、荒廃した世界です。その「火の7日間」とは、実は核戦争だったのではないかとの都市伝説があります。

人類が住めなくなるほどの環境をもたらすのは、核戦争であったという連想は、誰もが一度は考えることでしょうね。

 

メーヴェが飛ぶ火星

ナウシカの愛用のメーヴェは、観る人の憧れの的の乗り物ですが、地球の重力では無理がある構造だそうです。そこで生まれた都市伝説ですが、ナウシカの物語自体は、なんと火星が舞台だというのです。

火星の重力であれば、メーヴェの大きさの翼でも上昇気流を利用して飛ぶことができるだろうとの見解です。火星に行けば、私たちも風をつかまえて、ナウシカのように自由に飛び回ることができるかもしれませんね!

 

ナウシカは人造人間!?

ナウシカの映画のもとになった漫画があります。宮崎駿監督が、なんと鉛筆で書き下ろした奥の深い読みどころのある漫画は、全部で7巻存在します。映画には出てこないのですが、その原作漫画によると、ナウシカの映画に出てくる登場人物たちは全て、人造人間だというのです!

「ナウシカが人造人間とは…」という設定は、作者がそう描いているにも関わらず、その信憑性の薄さからか、「都市伝説」として出回ってしまったのです。汚染された世界で生きていけるように改造された人造人間の話であっても、ナウシカの魅力は少しも損なわれませんよね。

 

クシャナとナウシカの関係

ナウシカに登場する大国の皇女であるクシャナは、ナウシカと対立する立場です。しかしクシャナとナウシカの名前はアナグラムという事実があり、原作の漫画では、映画よりも一層深く掘り下げられた人柄が印象的です。

クシャナは映画で描かれているように、単に敵対勢力のリーダーなのではなく、ナウシカと同等にこの世界に生きる人類にとっては不可欠の大切な存在なのです。ナウシカとアナグラムな名前からしても、その存在意義は様々な都市伝説でささやかれている非常に重要な人物です。

 

放射能汚染された世界

ナウシカの生きる世界は、「ふかい」と呼ばれる死の森に侵略されて、人間が住める土地は極小です。火の七日間に世界を滅ぼした「巨神兵」の正体は、核兵器であるとの都市伝説を上述しましたが、すなわちナウシカの生きる世界は「放射能で汚染された世界」ということですよね。

放射能汚染された世界であるとの都市伝説はとても信憑性が高く、福島の事故を経てもなお、原発推進に突っ走る愚かな日本という国民にとっては考えさせられるものです。

 

ナウシカは豊乳

ナウシカはおそらくティーンエイジャーでありながらも、「意外と豊乳だなぁ。」と思った方も多いでしょう。ナウシカの豊乳説は、都市伝説としても有名なのですが、実は制作側の思惑があってのものなのですよね。

「死にゆく人を抱きしめるときに豊乳であったほうがいい。」との制作側の意見ですが、確かに抱きしめられている人たちは柔らかい感触が気持ちよさそうです。胸元に潜り込むテトも、温かいし気持ちよさそうですよね。

「豊乳」は「母性」を表し、この世界のすべての生命に母性に近い愛情を注ぐナウシカは、豊乳であってこそだということなのでしょうか。そう思うと、ティーンエイジのナウシカの豊乳も納得できますね。

 

さて、「風の谷のナウシカ」に関する都市伝説について調べて、内容をまとめてみました。ナウシカを観ていてふと生じた、様々な疑問を解決できたのではないでしょうか。

都市伝説とその真偽や、制作側の意図を知ってから改めて「風の谷のナウシカ」を観てみると、より一層楽しめるのではないでしょうか。新たな視点がジブリファンの関心を深められたら幸いです。

 

まとめ

ナウシカの都市伝説☆知るとより楽しめる7つのストーリー

・ナウシカはノーパン!?
・火の七日間は核戦争?
・メーヴェが飛ぶ火星
・ナウシカは人造人間!?
・クシャナとナウシカの関係
・放射能汚染された世界
・ナウシカは豊乳


連記事