目の中の黒い点は何かの病気?原因と対処法を探る!

目の中の黒い点は何かの病気?原因と対処法を探る!
ある日突然、視界の隅に黒い点が見えることがありますよね。黒い点が止まって見える場合と、虫のように視界の中を移動する場合と2ケースありますが、実はどちらも原因と対策は同じです。

視界が不良であると、何をしていても集中力に欠けてしまい、仕事も日常生活を送ることも困難になってしまう事でしょう。そんな黒い点にお悩みの方のために、今日は黒い点の原因と、考えられる病気についてお伝えします。

また、黒い点が消滅するための方法も合わせてお伝えしますので、黒い点解消に役立ててください。黒い点が出ている間は運転などの危険を伴う行動は避けるように心がけましょう。また、原因によっては症状が長引くこともあります。元の病気をしっかりと治して、快適な視界を取り戻しましょう。ではご覧ください。

 

目の中の黒い点は何かの
病気?原因と対処法を探る!

 

視界を飛び回る黒い点

ある日突然、視界の中に黒い点が出現し、虫のようにあたりを飛び回るという症状を経験したことはあるでしょうか。黒い点の見え方や動きには個人差があり、黒い点ではなく白い点だという人もいます。また、空や白い壁をみたときに顕著に出現するという報告もあります。

目を動かしても視線を移動しても黒い点はどこまでもついてくるため、目をかきむしってこする人もいます。しかし目をこすっても黒い点は消えないため、強く目をこすらないよう気を付けてください。

 

飛蚊症という病気

視界に黒い点が現れる症状を飛蚊症と言います。飛蚊症は、眼球の中の硝子体の中に、活性酸素が発生して、酸化されたたんぱく質などが視界の妨げになる病気です。

そのほかに、目の硝子体の中で水分の球が浮かび上がり、目の「影」として視界に浮かび上がる飛蚊症もあります。前述の飛蚊症が患者数の中では多いと言われています。眼球内に活性酸素が発生する理由は様々です。

 

有害な紫外線

眼球の中の硝子体内部に活性酸素が発生する理由の一つに、「紫外線」があります。紫外線は一歩外に出ただけでたくさん浴びることになり、昨今のオゾン層破壊などの影響で年々人体に有害なものになってきていると言われています。

そのため、外に出るときは紫外線対策をしっかりとして、肌だけでなく眼球も太陽の光にさらさないよう気を付けなくてはなりません。日中の日が強い時間帯は屋内にいるなどの工夫も有効的でしょう。

 

網膜剥離の可能性

視界に黒い点が浮かぶ「飛蚊症」になる原因の一つとして、網膜剥離が挙げられます。網膜剥離はボクサーなどの間でよく聞く眼球の病気です。ボクサーでなくとも網膜剥離になる可能性はあります。

特に近視の強い方は網膜剥離になる可能性が高いため、黒い点が見えたのちに、黒い点が増えたり伸びたりした場合は注意が必要です。早急に眼下に行って治療を開始するべきでしょう。

網膜剥離とは、眼球内部の網膜の一部が薄くなり、亀裂が生じたり穴が開いたりする病気です。高齢や近視が原因でなりやすい眼球の病気です。網膜剥離を放置すると、やがては失明してしまうため、早めに対処すべきでしょう。

 

眼底で出血しているかも?!

眼球の網膜などに炎症がおき、にじみ出た炎症性細胞やたんぱく質が硝子体内部に侵入し、異物として視界に浮かび上がることがあります。急に視界に黒い点が見えたり、黒い虫が飛び交うような症状が出た場合は、眼底出血を疑ってすぐに眼科へと行きましょう。

炎症や出血の具合によっては、硝子体の手術が必要になるでしょう。また、網膜剥離を併発している場合も、高い可能性で手術になると思われます。眼球手術は恐怖との戦いです。麻酔が使われるとはいえ、眼球にメスが近づいてくる恐怖はトラウマになるほどのものです。

 

長時間のパソコン禁止

目を長く健康に保つためには、普段から眼球を疲れさせない注意が必要です。パソコンを使うお仕事に疲れている方は、特に注意しなくてはなりません。

パソコン画面を長くみていると、まばたきを忘れてドライアイになってしまうし、パソコン画面の発する有害な明かりに長時間目をさらすことになります。パソコンやテレビやスマートホンなどの現代機器は、どれも眼球を疲れさせるものです。

「画面を長く見すぎたな。」と感じたときは、夜寝る前に温かい蒸しタオルなどを瞼にあてて、眼球の疲れをとってあげましょう。疲れをとるためには、温めることが一番です。

 

サングラスと食生活

網膜剥離や眼底出血などの目の病気になっていないのにも関わらず、視界に黒い点が現れて生活に不自由が生じてお困りの方もいらっしゃるでしょう。黒い点を消滅させるために有効な方法として、まずは「目を紫外線にさらさない。」ことでしょう。

サングラスなどを常備して、外に出るときは使用するようにしましょう。また、つばの広い帽子なども有効です。そして普段の食生活も、飛蚊症を治すためには変えるべきでしょう。飛蚊症の原因となる、硝子体の中の活性酸素をなくするための栄養素を取り入れるべきです。

飛蚊症を治すために良いとされる食材は、アーモンドや大豆や小麦と言われています。中でもアーモンドは簡単にとりやすい食材なので、積極的に摂るようにしましょう。

 

「飛蚊症」といわれても、「何の病気?!」と思うかもしれませんが、飛蚊症は、なったら忘れられないほどに厄介な病気です。視界に常に黒い点が存在するほどに、集中力を欠いてイライラするものはありませんよね。

しかも黒い点が視界の中を虫のように泳ぎだしたら大変です。仕事など手につくはずがないですよね。飛蚊症を一刻も早く解消するために、眼球の疲れをためないことと、異常があったらすぐに眼科医に行くことをお勧めします。

また、飛蚊症でなくとも、普段の生活の中で、紫外線に目をさらさないなどの注意はしておきましょう。

まとめ

目の中の黒い点の原因と対処法

・視界を飛び回る黒い点は触らない擦らない
・飛蚊症という病気の可能性
・有害な紫外線
・網膜剥離の可能性
・眼底で出血しているかも?!
・長時間のパソコンは禁止
・サングラスと食生活で改善を


連記事