コンタクトで目が充血したときに行うべき7つの対策

コンタクトで目が充血したときに行うべき7つの対策

現代では、パソコンやスマホの普及のせいか、近視の人口がうなぎ上りに増えていると言われています。近視人口の増加とともに、コンタクトレンズの需要も拡大しています。

眼鏡よりはおしゃれに向いているという理由でコンタクトレンズを毎日装着している人も多いのですが、使い方を間違えると大変です。コンタクトレンズの誤った使用法は、視力をさらに落とすどころか様々な眼病の原因にもなります。

そのため、コンタクトレンズを着用しているときは、注意すべき点を守り、正しく使いましょう。また、コンタクトを着用しているときに目が充血した場合は、眼球が疲れている可能性もあるため、適切な対応が必要になります。以下に対処法をまとめてみたので、参考にしてみてください。



 

コンタクトで目が充血した
ときに行うべき7つの対策

 

コンタクトを外す


コンタクトをしていて目が充血したら、最適な解決法は「コンタクトレンズを外す。」ことです。コンタクトレンズは薄くて酸素の透過性も優れたものが多いですが、眼球に異物を入れているわけですから負担はどうしてもかかります。

コンタクトレンズと眼球の間に小さな埃でも挟まって、それがこすれて眼球から出血することも多々あります。目の充血の原因は、コンタクトレンズと眼球に挟まったほこりやごみかもしれません。充血した時は、なるべく早くコンタクトレンズを外しましょう。

 

紫外線の対策をする


紫外線は、お肌にはもちろんですが、眼球にもとても悪いものなのです。ところが、化粧品や日焼け止めクリームでお肌をしっかりと紫外線対策しているのに、眼球はノーマークという人がとても多いので驚きです。

眼球もきちんと日焼け止め対策をしてあげないと、紫外線で日に日に痛んでしまいます。紫外線は眼球内に有害物質を発生させる場合もあるため、眼球が直接日光に当たらないように、つばの広い帽子やサングラスなどでカバーしましょう。目の充血の原因は、紫外線かもしれませんよ。

 

目を閉じる


パソコンなどのデスクワークに就いている人には、ドライアイの割合がとても多いと言われています。ドライアイとは文字通り、目が乾燥してしまう病気です。ドライアイになると、眼球が乾いて傷つきやすい状態になるため、ちょっとしたことですぐに充血してしまいます。

特にコンタクトレンズを着用している人は、裸眼に比べて空気の通りも悪いためにドライアイの症状も顕著に表れます。そのため、充血しやすいな、と感じたら、パソコン作業に没頭しすぎずに、定期的に目を閉じて潤わせる時間を意識してもちましょう。

まばたきをすることで瞳には水分が充てんされるため、頻回にまばたきを行うだけでもドライアイ対策になり、充血を予防してくれます。

 

眼球運動をする


「最近目が充血しやすいなぁ。」と感じたら、眼力を鍛えるためにも眼球運動をしてみるといいでしょう。眼球運動は、自分で思い立った時に簡単にできます。黒目を右端ギリギリまでもっていき数秒キープし、次に左端、上下、と順に行っていきます。

仕事の合間や、交差点で信号待ちをしているときなどに、意識して行ってみましょう。しばらくたつと眼球が強くなり、ちょっとしたことでは疲れない目になっていることでしょう。

 

目の周りの指圧


目が充血しているときは、目がとても疲れていると考えられます。かといって、出先や仕事中にいきなりコンタクトレンズを外すわけにもいきませんよね。ちょっとくらいの充血ならばコンタクトを付けたまま、仕事を続行する人がほとんどでしょう。

しかし目の充血をほうっておくと、様々な眼病を引き起こす可能性があります。目が充血したけど、コンタクトをすぐに外せない状況の時は、せめて目の周りの血流を良くしてあげましょう。

目の周りにはくぼみがたくさんあるため、自分で気持ちいいと感じる個所を指圧してあげましょう。目の周りの皮膚は薄いため、あまり強く指圧しすぎないことがポイントです。血流が良くなれば、充血も少しは緩和するでしょう。

 

目薬をさす


ほこりやハウスダストや花粉などの物質に反応して、目が充血してしまうことがあります。アレルギー人口も年々増えていますが、「自分がアレルギー体質かどうかわからない。調べていない。」という人も多数います。

そのため、あなたの目の充血は、もしかしたらアレルギーに起因するものかもしれません。その場合は、眼科に行ってアレルギー症状を抑えるための目薬を処方してもらいましょう。目が受血した時には、何らかのアレルギー物質に反応しているのだと考えて、目薬をさすようにしましょう。

 

ホウレン草ジュース


白目が充血していると、とても不健康に見えますよね。外見にこだわりたい女性などにとっては、白目の充血は一大事です。そこで、モデルさんなどが推奨する充血緩和法をお教えします。

それはずばり「ホウレン草を食べる。」ことです。ホウレン草には、目の充血を抑える栄養素があるため、丸ごと食べることで充血も緩和します。コンタクトなどで疲れた眼球に栄養を行き渡らせるためにも、ホウレン草を毎日食べるといいでしょう。

調理の手間がわずらわしければ、朝食にリンゴなどと一緒にスムージーにしてあげると飲みやすく、摂りやすくなるでしょう。

 

さて、コンタクトレンズによって目が充血した時の対処法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。目の充血は体の健康の中では「些細なもの」と考えられがちです。そのため、充血しても見過ごす人が多いのですが、放っておくと、白目がどんどんくすんでしまいます。

『目は口ほどにものを言う』所なので親しい人にはすぐわかるかもしれませんよ。また眼病を引き起こす原因にもなりかねないため、目が充血した時にはすぐに対処して、健康できれいな白目を取り戻しましょう!

 

まとめ

コンタクトで目が充血したときに行うべき7つの対策

・コンタクトを外す
・紫外線の対策をする
・目を閉じる
・眼球運動をする
・目の周りの指圧
・目薬をさす
・ホウレン草ジュース