牛乳は身体に悪いの?データや専門家の意見を基に徹底検証 

牛乳は身体に悪いの?データや専門家の意見を基に徹底検証 
「牛乳は体に悪いと思いますか?それともいいと思いますか?」との質問に、日本人の意見は真っ二つに分かれるでしょう。ネット社会が普及したおかげか、我が子に与える食に敏感に賢くなった母が増えました。

「マクロビ」の愛称で知られる健康食材を推奨し、有害なものを体内に入れないように注意する母が増えたのです。そんな健康を志す母たちが、「牛乳は体に悪い!」と声を上げ始めました。牛乳が体に悪いとされる理由については、以下の7つの項目を参考にしてください。

問題は、「牛乳は体に悪いにもかかわらず、学校給食などに組み込まれて子どもが口にせざるを得ない食環境にある。」ということなのです。厚生労働省が率先して子どもの体に悪いものを入れていると言っても過言ではありません。では牛乳がどのように体に悪いのかを検証してみましょう。
[ 続きを読む… ]

コンビニ弁当は危険?外国では使われない7つの添加物

コンビニ弁当は危険?外国では使われない7つの添加物

忙しい毎日をさりげなく助けてくれるコンビニ弁当。値段も安く手が届きやすいものもあるし、種類も豊富。おまけにコンビニは24時間いつでも空いてるから仕事が遅くなって夜遅く帰ってきても購入できるとてもありがたいものです。

多くの人が購入したことがあることでしょう。しかし、そんな便利なコンビニ弁当は危険だといううわさがあるのをご存じですか?見た目も綺麗で長く持ちますが、実はそこにはたくさんの添加物が使われているんです。

日本は見た目や清潔性を気にするお国柄、やたらと添加物を加える傾向があります。ですがその添加物、海外では禁止のものがこっそりと含まれている場合があります。今回は海外では禁止にも拘わらず、コンビニ弁当に含まれている添加物を7つ紹介します。

[ 続きを読む… ]

コンビニ弁当が危険と言われるホントの理由を徹底究明!

コンビニ弁当が危険と言われるホントの理由を徹底究明!

コンビニエンスストアでは様々な食材が売られています。「コンビニエンス」の名の通り、調理の手間も省くことができ、たったの数百円でおなかがいっぱいになるコンビニ弁当は、忙しいシングル世代などには大人気です。

しかしコンビニ弁当には、私たちの体に悪影響を及ぼす恐ろしい危険がたくさん潜んでいるのです。どうしても調理に手が回らずに、たまにコンビニ弁当を食べるというのなら仕方ないにしても、「夕飯は毎日コンビニ弁当」などという恐ろしい食生活をしている人は注意が必要です。

若いころには気が付かなくとも、コンビニ弁当を食べ続けることによって蓄積された恐ろしい健康被害に、後々悩まされることになるからです。それでは、コンビニ弁当にどのような危険が潜んでいるのかをまとめてみたので以下をご参考にしてください。

[ 続きを読む… ]

風邪をひいたときはアルコールを厳禁にすべき7つの理由

風邪をひいたときはアルコールを厳禁にすべき7つの理由

よく昔は父親が風邪の時こそアルコールを飲んだ方が喉が消毒されてかえって早く治るんだ!と豪語して、母親の制止も辞めずに風邪をひいているにもかかわらずお酒を飲んでいた記憶があります。

確かに父親は次の日には風邪が治っていましたが、風邪の時に飲酒をするのはとても危険です。飲酒をする事によって体が熱くなり、風邪の菌を追い出すという考えで風邪の時にワインを飲む習慣がある国もありますが、基本的にはきちんと実証されていない言い伝えであるのです。

ですが、これからの時期、忘年会や新年会と飲酒をする機会が多くなる時期でもありますが、そこで風邪をひいているにも関わらず安易に飲酒をするのは危険です。では、なぜ風邪をひいたときはアルコールは飲んではいけないのでしょうか?その理由を説明します。

[ 続きを読む… ]

腎臓に悪い食べ物を摂り続けるとこうなる!悲惨例と対処法

腎臓に悪い食べ物を摂り続けるとこうなる!悲惨例と対処法

腎臓に悪い食べ物をとり続けるとどうなるのでしょうか。その前に皆さんは腎臓の事をどれくらいご存知ですか。名前は知っているけど身体のどこにあって、どんな働きをしているのかわからないという方も多いと思います。そして、腎臓の機能が低下したり、腎臓が壊れてまったく仕事をしてくれなくなったらどうなるのでしょうか。

腎臓が壊れてしまったら、排尿が出来なくなってしまいます。それは身体のなかでいらなくなった水分や毒素を体外に排泄することができなくなってしまうのです。軽い腎炎などでは服薬や点滴などで腎臓の機能は回復しますが、重度の慢性の腎炎や事故などで壊れてしまった腎臓はもう元通りには戻りません。

ではどうするのか、人工透析の治療を行うしかなくなってしまいます。人工透析を始めたら腎臓移植など特殊な例を除いて、一生続けなければならなくなってしまいます。そのような悲惨な例になる前に対処法をご説明していきます。

[ 続きを読む… ]