手がしびれる原因とは?重病になる前の早期発見法

手がしびれる原因とは?重病になる前の早期発見法

朝眼が覚めたら、手や腕がしびれている(=寝ている間、片方の腕がずっと下になっていたため)…このような経験は、誰しも経験があると思います。そして、そのようなしびれはすぐに治まります(=一過性の症状)。

当然、その程度の手や腕のしびれならば何も心配する必要もないのですが、厄介なしびれの症状を示している場合もあります。それが「手や腕の慢性的なしびれ」です。実際、手や腕のしびれが重篤な症状を引き起こすキーポイントになっていることが多いのです。

それ故、慢性的なしびれ=以前からしびれが続いている→治療院などで手がしびれる原因を調べる必要があります。しかし重大な病気のサインだからといって必要以上に怖がる必要はありません。まずは「知る」ということから始めてみてはいかがでしょうか。

 

手がしびれる原因とは?重病になる前の早期発見法

 

しびれの原因は神経性と循環性に大別される

しびれは「神経が原因のしびれ」と「血管(循環器)が原因のしびれ」に大別できます。他にも、ホルモンのバランス、脳、精神的な原因など一概に分類できないところが「しびれ」の厄介なところです。しびれと痛みには深い繋がりがあります。

「痛みがあってのしびれ」であり、しびれは痛みからやってきます。つまり、しびれが起きる前段階では、(脳に原因がある場合などを除いて)必ず痛みがあると言っていいのです。しびれの原因となっている疾患は専門医の力を借りて治療する必要があります。

手や指にしびれが起きている場合、神経の何処が圧迫されているのか頭の部分から手の部分までしらべます。神経は頭→首→鎖骨→腕→肘→手首→指と全部繋がっています。手や指がしびれてしまうのはこの何処の神経が圧迫されているからです。

 

手のしびれの解消法

筋肉がかたく緊張して血流が悪くなると酸素不足になります。これがしびれの原因です。しびれを解消するには筋肉をほぐして血流の流れを良くすることも大切!そうすれば酸素も栄養も全身にいきわたりしびれなどの不調の解消になります。

 

手のしびれと病気の関係性

身体が病気になると症状として色々出るようになります。それらの症状は「病気になっている」と私達に知らせてくれている信号でもあるのです。それではその症状が「手のしびれ」として現れた場合考えられる病気はいったいどのような病気なのでしょうか?

【絞扼(こうやく)性神経障害】こう言った難しい名前がついた病気があります。簡単に言うと神経が絞めつけられることによりしびれが出てしまうという病気です。

【アルコール依存性】過度のアルコール摂取が原因で起こるしびれです。

【薬物中毒】過度のドラッグや農薬など薬物の摂取が原因で起こるしびれです。

【脳に関する病気】これはとても大変な病気で脳梗塞、脳卒中、脳出血、脳腫瘍等の前兆としてしびれが発生する場合があります。症状はしびれだけでなく顔面麻痺、歩行困難、言語障害、めまいなどがあります。こういったしびれ以外の症状も併発している様なら早めに受診をしてください。

【腱鞘炎】長い間ずっと同じ様な動きで手や指を使い続けることによって腱鞘炎になってしまう場合があります。例えば長時間パソコンのキーボードを打っていたり、長い間何かを書く作業をしていたりすると腱鞘炎になりやすくなります。もちろん炎症を起こしている訳ですから痛みもありますが同時にしびれを起こす場合もあります。

 

自宅で出来る脳梗塞の検査

【バレーサイン】1.立っていても座っていても出来ます。まず、手のひらを上に向けて前ならえをします。2.そのまま眼をつぶり10秒キープをします。どちらかの手がだんだん下がってきてしまうか手が内側に回ってしまう(内転してしまう)と脳梗塞の可能性があります。

【つぎ足走行】1.つま先とかかとをつけながら一直線に歩けるかどうかをチェックします。これは走行で小脳のバランスを見る方法です。脳梗塞が起こると平衡感覚が狂いまっすぐに歩けずにふらついてしまいます。脳梗塞の自宅で出来る簡単チェックです。是非やってみてください。バレーサインとつぎ足走行で異常が見られた場合はすぐに脳神経外科に行くことをお勧めします。

 

自宅で出来る手根管症候群の見分け方

40歳以降の女性に圧倒的に多い病気です。放っておくと親指の根元等の筋力が落ち手に力が入らなくなるなど生活に支障をきたします。女性ホルモンの変動が影響しているので40歳以上の女性や妊娠中の人になりやすいと言われています。手根管症候群の自宅で出来る簡単なチェック方法があります。

ファーレンテストと言います。これは手首を圧迫しあえて「しびれ」を起こしやすくするテストです。1.胸の前で両手の甲を合わせ直角にします。2.そのまま20秒キープします。3.この時肘の位置が肩と同じ高さになるようにします。(腕をおとさないように)20秒キープしてしびれが人差し指と親指など指先に増強してくると手根管症候群がうたがわれます。

 

病気が原因の手のしびれのは薬で改善

長期にわたって手のしびれがみられたり、病気による手のしびれがみられる場合は当然独自の解決法で改善するのではなく薬の服用によって改善します。医師に処方してもらう薬は手のしびれに伴う痛みを抑えたり体のコリを改善するために血行を良くする薬があります。

ビタミン12系の薬を用いることもあります。血行改善やビタミン12系の様な薬は飲んだからといってすぐに症状が改善されるわけではないので決められた量を根気よく毎日服用しなければいけません。手のしびれの原因が病気であるとはっきり分かっている場合はもちろんその病気の治療に効果がある薬を処方してもらうことになります。

 

スマホで手がしびれる⁉︎

スマホを触ると手のしびれ、めまい、吐き気などの症状が現れると電磁波過敏症かもしれません。電磁波過敏症とは弱い電磁波で不快な症状が現れる病気です。携帯、スマートフォンは耳に当てて脳に近いところで使用するとで電磁波の影響を強く受けてしまいます。

日本ではまだ認められておらず治療法がないため日々自分で努力をする必要があります。しかし治療法がないからといって治らない病気ではありません。完治しなくても症状が大きく改善したかたもいます。

 

いかがでしょうか?私達は1度は手がしびれたことがあるんではないでしょうか?普段あまり気にならないけど実は重大な病気が隠れているかもしれません。しびれの症状が続く場合は自己判断しないで早期に病院での専門医の診断が必要です。

少しでもおかしいと思ったら医師に相談してみてはいかがでしょうか?早期発見早期治療が大切です。手のしびれについて少しでも知っているだけで体の病気や心の病気を早く発見することができます。自分でしびれの状態を十分に観察し正確な情報を医師に伝えて頂くことが正確な診断につながります 。

 

まとめ

手がしびれる原因とは?重病になる前の早期発見法

・しびれの原因は神経性と循環性に大別される
・手のしびれの解消法
・手のしびれと病気の関係性
・自宅で出来る脳梗塞の検査
・自宅で出来る手根管症候群の見分け方
・病気が原因の手のしびれは薬で改善
・マホで手がしびれる⁉︎


連記事