リスクヘッジとは?意味を知って仕事に生かす7つの方法

リスクヘッジとは?意味を知って仕事に生かす7つの方法
リスクヘッジという単語をご存知ですか? 聞いたことは有っても意味がよくわからないという方、あるいはまったく聞いたことが無いという方、これからその意味をご説明します。

そして意味も使い方も知っているから今更説明なんて読まなくても良いという方、あなたのリスクヘッジの使い方は本当に正しいですか? リスクヘッジとは何か平たくいえば、危険軽減や損失軽減という意味です。

もとは金融系の職業の方から派生したと言われています。実はこのリスクヘッジという単語は、誤って使用されていることも非常に多いです。『リスクヘッジのため投資しない』『意見を取り下げることでリスクヘッジにつなげた』単純に危険軽減と考えれば誤用ではないように感じられますが、このような使い方は誤りです。

リスクヘッジとは、リスクは軽減させるが回避はしないという考えから来ているものなのです。ここでは正しい意味で仕事に生かす方法をご紹介していきますので、意味を誤解されていた方は特に気を付けて目を通してみてくださいね。

[ 続きを読む… ]

リスクヘッジって何?意味と正しい使い方を解説します☆

リスクヘッジって何?意味と正しい使い方を解説します☆
最近、いろんな場面でよく耳にするリスクヘッジという言葉ですがどういう意味なのか知っていますか?なんとなく漠然とはわかっていても人に説明するとなるとちょっと難しくてうまく説明できない、という人もいらしゃるかもしれませんよね。

直訳するとリスクは危険、ヘッジは生け垣、垣根のことで食い止める、という意味があります。なのでリスクヘッジとは危険を食い止めることと言えるのですが初めから危険を冒さないという意味ではなく、ある程度の危険は承知の上でそれを減少させるためにとられる行動のことをいいます。

この言葉は主に株式用語として使われていて投資をするときの危険を回避するために一か所に投資するのではなく分散投資をしたりすることを投資のリスクヘッジというのですが、今日は他にも似たような言葉や反対の言葉など関連する言葉等も含めてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

[ 続きを読む… ]

病気のリスクヘッジとは?お酒で考えてみる意味と使い方

病気のリスクヘッジとは?お酒で考えてみる意味と使い方
「病気のリスクヘッジ」という言葉が世間でよく聞かれるようになりました。しかしその意味はわかりにくいですよね。

リスクヘッジとはそもそも医学用語ではないのです。また、和製英語としても湾曲した意味にとらえられがちです。医師などが普通に「病気のリスクヘッジを心がけて生活してください。」と言っても、患者にとっては何に気を付ければいいのかわかりません。

そこで今回、病気のリスクヘッジの意味と、具体的にどうすればいいのかをひも解いて解説していきたいと思います。特に、病気になるリスクの高い「お酒」を例にとって病気のリスクヘッジを考えていきます。医師に病気のリスクヘッジを進められた方は、以下の7つの項目を参考にして、生活習慣を改めるといいでしょう。

[ 続きを読む… ]

リスクヘッジの意味と間違った使い方をしないための具体例

リスクヘッジの意味と間違った使い方をしないための具体例
「リスクヘッジ」という言葉を知っているでしょうか。普通に生活していると、なかなか使う機会も聞く機会もない言葉ですが、金融の世界では非常にポピュラーな言葉です。

しかし「リスクヘッジ」は外来語なので、金融界に精通している人でも、間違った使い方をしている人が意外と多いのです。「かっこいいから使ってみたいけど、間違った使い方をしたら恥ずかしい!」という方のために、リスクヘッジの正しい意味と、正しい使い方を解説していこうと思います。

金融や投資の世界で仕事されている方は、是非こちらをよんで、「リスクヘッジ」という言葉の正しい使い方をマスターしてください。そして、言葉の意味をよく知らないうちは、恥をかかないためにもなるべく使わないようにしましょう。

[ 続きを読む… ]

全身麻酔のリスクを下げる!自分で出来る方法

全身麻酔のリスクを下げる!自分で出来る方法

手術が決まった。不安で仕方ない。全身麻酔をするというが「手術の事故で一番多い理由が全身麻酔だ」とも聞くが大丈夫だろうか?とお思いの方のために今回は「全身麻酔のリスクを下げる!自分で出来る方法」についてまとめさせていただきました。「手術の事故で一番多い理由が全身麻酔だ」は間違いではありませんが、正確でもありません。

というのは「全身麻酔」は痛みやストレスから患者を保護するために使われるものですが、他の局所麻酔や腰椎麻酔と比べると大きな手術や緊急性のある手術に使われる事が多いので、通常の状況で計画的に手術を行った時、他の麻酔方法とリスク的に変わりはほとんどありません。

とはいえ、全身麻酔のリスクを自分で下げるための方法があるのであれば頑張りたいという方に「自分でできる7つの方法」を紹介させていただきます。

[ 続きを読む… ]