モンスターズインクにまつわる都市伝説を徹底検証!

モンスターズインクにまつわる都市伝説を徹底検証!

子どもたちの大好きなディズニーアニメのモンスターズインク。愛らしいキャラクターたちは様々なグッズになって私たちの身の回りをかざってくれます。そんなモンスターズインクにまつわる都市伝説をご存知でしょうか。

モンスターズインクの笑いあふれるストーリーの中に、私たちが想像もしなかった様々な秘密が隠されているというのです。今回はその秘密について徹底検証していこうと思います。

中にはとても笑えないダークな内容も含まれていますが、大好きなモンスターズインクをひも解くためにも心して読んでください。物語は楽しいだけではだめなのです。製作者が意図してちりばめた、物語の中の多くの謎をくみ取ってこそ、本当の物語を堪能できると言えるでしょう。

本物のモンスターズインクをご賞味いただくためにも、モンスターズインクの都市伝説にもおつきあいください。



 

モンスターズインクにまつわる
都市伝説を徹底検証!

 

フリーメイソンのロゴマーク


モンスターズインクの主役の2人である、マイクとサリーが働く会社名を思い出してみてください。「Mason of Eye」という名の会社は、現実に存在する「フリーメイソン」という秘密結社に関係があるのではないかという都市伝説があるのです。理由は簡単です。

2つの会社のロゴマークが似ているからだというのです。確かに言われてみれば、似ていなくもないのですが、フリーメイソンという言葉になじみのない日本人にとっては「だから何?」と思うしかないですよね。

 

フリーメイソンとは


そもそも、フリーメイソンという秘密結社は何者なのかを知るところから始めなくてはなりません。モンスターズインクの都市伝説の秘密に迫るためにも、フリーメイソンの存在は欠かせません。

フリーメイソンとは、「自由」「平等」「友愛」「寛容」「人道」の5つの理念を掲げて、16~17世紀に立ち上がった秘密結社だと言われています。秘密結社だけに創設にまつわる理由も不明ですが、会員数はなんと世界中に600万人もいるという大結社なのです。

独自の理念を掲げて社会の水面下で活動するフリーメイソンに対し、脅威を抱いている人も少なくないと聞きます。

 

マイクのキャラクター


モンスターズインクに登場するマイクは、一つ目の愛らしい「おばけっぽい」キャラクターですよね。日本でいうと、「一つ目小僧」か「からかさ小僧」といったところでしょうか。日本でもなじみを持てる一つ目のお化けは、モンスターズインクの顔として人気を呼んでいます。

しかしそのマイクの顔は、実はフリーメイソンのロゴマークを表しているのではないかとの都市伝説があるのです。フリーメイソンのロゴマークは、三角の中に一つ目が描かれています。確かにマイクに似てると言えるでしょう。

 

サリーの巨体の意味は?


モンスターズインクのもう一人の主役であるサリーは、その大きな体が特徴です。大きな体に似合わない臆病な言動も、ギャップを生んで愛着がわきます。しかしそのサリーの巨体は、フリーメイソンのロゴマークのピラミッドを表しているのではないかとの都市伝説があります。

主役キャラ2人のデザインから、モンスターズインクは映画公開当初から、フリーメイソンへの何らかのメッセージ作品なのではないかとのうわさがささやかれているのです。

 

アジアでのウイルスの脅威


モンスターズインクに登場する「人間の女の子」は、よく見るとアジア人の特徴を持っています。つまりこの子はアジアの象徴と言えるでしょう。そしてその女の子が持っているとされる「ウイルス」に、モンスターたちは怯えています。

恐ろしい形態のお化けたちが、小さな人間の無邪気な女の子を化け物のように怖がるさまがコミカルに描かれていて、観る人の笑いを誘います。しかしこれは、「現実に、アジア地域でウイルスによる脅威が発生する。」というメッセージであるとも読み取れるのです。

現に、映画公開の翌年に、アジアを恐怖に陥れたSARSというウイルスがありました。考えすぎ…と言えなくもないと思いはじめてきたでしょう。

 

フリーメイソンとの共通点


モンスターズインクの世界では、子どもたちの「叫び声」がエネルギーの源として描かれています。この「叫び声」が、フリーメイソンの「富と名声」を表しているのではないかとの都市伝説があります。

モンスターズインクは、製作者からフリーメイソンへの何らかのメッセージであるとの見方がとても強い作品です。確かに、物語のあらゆる場面でフリーメイソンとの共通点を見つけられるから、疑われるのも無理はないでしょう。

 

映画の最後に悪魔の数字


モンスターズインクの物語のラストに、モンスターたちの本が出版されるという場面があります。その本に載っている「バーコード」に、ある秘密の数字が隠されているのです。その数字は、なんと「悪魔の数字」と言われている「666」です。

物語の最後に、なぜ悪魔の数字が出てくるのでしょうか。落ちとしても謎が残り、とても笑えませんよね。こればかりは製作者に聞いてみないと真実はわかりませんが、喉に小骨の詰まったような不快感だけが残ります。

 

さて、モンスターズインクにまつわる都市伝説について語ってきましたが、いかがでしたでしょうか。

単に物語を楽しんで愛していた人には、申し訳ないほどにダークな都市伝説ばかりだったでしょう。しかも都市伝説だけに、結果として「謎」だけが深まります。結局モンスターズインクはフリーメイソンとつながりがあるのかないのか、わからないままなのです。

そんなモヤモヤ感を胸に、改めてモンスターズインクを観ても、やはり笑えるから不思議です。ダークな噂を胸に秘めていたとしても、モンスターズインクの作品としての魅力は、少しも衰えません!

 

まとめ

モンスターズインクにまつわる都市伝説を徹底検証!

・フリーメイソンのロゴマーク
・フリーメイソンとは
・マイクのキャラクター
・サリーの巨体の意味は?
・アジアでのウイルスの脅威
・フリーメイソンとの共通点
・映画の最後に悪魔の数字