手足がしびれる原因は脳に異常あり!?すぐにできる対処法

手足がしびれる原因は脳に異常あり!?すぐにできる対処法

普段から手足がしびれることはよくありますよね。足は最近はめっきりする機会も減ってきましたが長時間正座したときやジョギングやウォーキングをした後など、また手は重いものを持った後やうでまくらで寝たときなどもしびれたりする事もあるでしょう。

このようにあまり気にしなくてよい場合がほとんどですが、ごくたまに病気のサインとしてしびれることもあるのです。中でも特に気をつけなくてはならないのが脳の病気です。これは適切な対処をしないと手遅れになってしまう場合があります。

基本的には手足がしびれるのは、神経性の病気の可能性が高いので、今回は手足がしびれる症状の中でも特に危険なものを取り上げて、その後の対処法について解説します。心当たりのある方はすぐにでも病院へ行きましょう。ではご覧ください。

 

手足がしびれる原因は脳に
異常あり!?すぐにできる対処法

 

痛みがあるしびれ

痛みがあるしびれはまだ危険度が低い方です。この先に出てくるしびれでも痛みを伴うことがあると思いますが、まだ大丈夫な範囲です。というのも、痛みがあるうちは、そこまで症状が進行していない可能性が高いからです。

ためしに、すこし正座をしてみればわかると思うのですが、最初にくるのは痛みのあるしびれです。その後にだんだん痛みが引いてきて、しびれているのか、しびれていないのかよくわからないような状態になる、というのが一般の進行になります。

最後の方は痛みを感じなくなってしまっているわけですね。痛みがあるしびれは、大慌てをすることはありませんが、後述の症状を伴っていたら、病院に行くようにしてください。

 

片側だけにしびれが出る

一番危険なパターンです。原因が何であれ、脳に直接症状が起こっている可能性が高いです。たとえば手足の右側にしびれが出たとします。なぜ、手と足の両方に出たのでしょうか? また、どうして片側だけなのでしょうか?

答えは左脳で異常がでたからです。神経の一番の中枢である脳が異常を起こしたため、右側の手足療法にしびれが出てしまっているわけです。片側だけ異常が出るというのは非常に特徴的なので、出たら見逃さず、病院に行くようにしてください。

ただし1つ気を付けなくてはならないことは、片側の手足がしびれることは脳の病気の特徴ですが、逆は成り立たないということです。つまり、両方の足がしびれたりしても、脳に異常がある可能性は消えません。

片側のしびれではないからといって、脳の病気である可能性を消すのはやめましょう。

 

頭痛や嘔吐を併発したしびれ

これは脳出血を起こしている可能性が高いです。他にはめまいや高熱をともなう場合もあります。動脈硬化や高血圧を持っているときには起こす可能性が高く注意する必要があります。

脳の病気というと必ず重たい症状が出てくるというイメージがありますが、この病気に関しては症状が軽くしか出てこない場合もあります。

頭痛や嘔吐があるのに、手足がしびれるといった症状がでた場合は、症状が軽くても病院にかかるようにしてください。とくに片側のしびれを併発しているときには注意が必要です。

 

数分で消えるしびれ

突然急激に体の片側がしびれ、なぜか数分後にはおさまるという不思議なしびれが存在します。症状は比較的重たいですが、おさまったあとはなんともありません。これは一過性虚血脳発作と呼ばれるもので、一時的に脳の血流が滞ることによって起こります。

原因は血圧の低下や、血栓などが考えられます。だいたいの場合すぐに血流が回復するので、この病気そのもので命を落とすということはほとんどあり得ません。ただし、一過性虚血脳発作は、脳梗塞の前兆だという説もあります。

繰り返し症状が出た場合には必ず病院に行くべきですし、1度目でも念のため病院に行った方がいいと言えます。うまく薬物療法でコントロールすることができれば、脳梗塞を予防することもできます。

 

早朝に頭痛をともなう手足のしびれ

これは脳腫瘍の可能性が疑われます。頭痛は比較的強いことが多く、視野狭窄などをともなう場合もあります。ただ、症状が出たからと言って必ず脳腫瘍というわけでもありませんし、腫瘍だとしても良性の可能性もあります。

あまり怖がらず、ちゃんと病院で確認してもらうのがいいと言えるでしょう。

 

口のしびれが手のしびれと伴う

手と足でなく、手と口がしびれるという症状もあります。これも脳の障害が起こっている可能性があります。実は脳内で手をつかさどる部分と口をつかさどる部分は比較的近く、その周辺で異常が起こると、両方にしびれが起こります。

 

手袋をはめてるようなしびれ

びりびりとした正座をしたあとのようなしびれではなく、なんだか触っても感触がはっきりしないようなしびれがあります。これは脳梗塞や脳出血が疑われるしびれです。

痛みもなくあまり怖くないように見えますが、実際は痛みを感じなくなるほど神経が犯されてる可能性があるので、早急に病院に行く必要があります。

 

ここまで7つの症状を書いてきました。そのあとの対処は基本的に病院に行くことです。もっと良い民間療法はないのかと思うかもしれませんが、脳で病気が起こっている可能性があるにも関わらず民間療法に頼るのは危険です。

近年は脳の病気に対する治療法も進歩していて、早期発見なら完治する可能性も高くなっています。しかし、脳の神経細胞は一度壊れてしまうと、二度と復活しません。

それゆえに、治療が遅れると致命傷になってしまい、たとえ治療ができたとしても後遺症が残ってしまいます。手足のしびれは貴重な脳からのサインである可能性もあるので、適切な治療を受けるようにしましょう。

 

まとめ

手足がしびれる原因は脳に異常あり!?すぐにできる対処法

・痛みがあるしびれ
・片側だけにしびれがある場合
・頭痛や嘔吐を併発する場合 脳出血の可能性がある
・数分で消えるしびれ 一過性虚血脳発作の可能性がある
・早朝の頭痛をともなうしびれ 脳腫瘍の可能性がある
・口のしびれが手のしびれをともなう
・手袋をはめたようなしびれ


連記事