どんなオフ会が危険なの?安全性を見極める7つのポイント

どんなオフ会が危険なの?安全性を見極める7つのポイント
ネットの普及に伴い、「オフ会」という言葉も浸透してきました。オフ会とは、ネット上で知り合った複数名が、実際に飲み会などの席を設けて集まる会合を指します。

「オフ会開かない?!」なんて簡単に誘い合って簡単に会う若者が増えている現代ですが、オフ会にはいくつもの危険も潜んでいることを忘れてはいけません。実際にオフ会に赴いて、「お金を取られた!」や「いやな目にあった。」「レイプされた。」などの被害報告も出ているからです。

会ったこともない人間に会うという危険を知らないままに、オフ会に参加することは本当に危険なのです。「オフ会」を装った集団暴行や金銭トラブルは珍しくないのです。

そこで初めてオフ会に参加する人のために、オフ会に参加する前に注意するべきポイントをいくつかまとめてみました。以下を参考にして、安全性を見極めたうえでオフ会に参加すれば、楽しむこともできるでしょう。

[ 続きを読む… ]

アルコールアレルギーかも?気になる症状と自己診断術 

アルコールアレルギーかも?気になる症状と自己診断術 
日本人の3人に1人はアレルギー体質だと言っても過言ではないくらいに、アレルギー体質の人は増えているのを知っていますか。とはいえ、そもそも「アレルギー」ってなんの事?と思ってしまうひともいますよね。

アレルギーとは、ある物質が体に入った時に、体内の免疫力が過剰に働いて、咳や鼻水や発疹などの症状としてあらわれることを言います。卵を食べると発疹が出る人は「卵アレルギー」、といったように、ある一定の物質に反応するのです。花粉症もアレルギー症状です。スギやヒノキの花粉が鼻から体内に入ることで、鼻水や咳などの症状が出るのです。花粉症ほど一般的ではないのですが、アルコールでアレルギー症状を起こす人もいるのです。

アルコールアレルギーの人は、主に大人になってから発症したり、体の許容量を超えてアルコールを摂取することでアレルギーが発症することもあります。

そこで今日はアルコールアレルギーかも?と気になった時に、チェックする症状と自己診断についてお伝えします。ではご覧ください。

[ 続きを読む… ]

頭痛の吐き気を和らげる、5つの簡単セルフケア

頭痛の吐き気を和らげる、5つの簡単セルフケア
つらい頭痛の吐き気と言えば、片頭痛、生理痛、花粉症など様々な病気が原因と考えられますが、なかでもお酒を飲む人なら誰もが一度は経験したことがある、一番身近な頭痛の吐き気の原因といえば、二日酔いではないでしょうか。この二日酔いによる頭痛の吐き気は、お酒に含まれるアルコールを、自分の代謝能力以上に摂取することによって、引き起こされます。

アルコールは体内でアセトアルデヒドという物質に分解され、その後、水と二酸化炭素に分解され体外に排出されますが、このアセトアルデヒドは毒性が強いため、大量にアルコールを摂取することによってアセトアルデヒドの分解が間に合わないと、頭痛や吐き気などの二日酔いの症状を引き起こすのです。

社会人になれば仕事のお付き合いなどで、つい飲みすぎて二日酔いになったとしても、簡単に仕事を休むことはできないものです。こんな時、頭痛の吐き気を和らげるために、自分で出来る対処法(セルフケア)があれば、どんなに心強いでしょう。

そこで今回は、皆さんが知っておくと得する、頭痛の吐き気を和らげる、5つの簡単なセルフケアについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

つらい二日酔いを驚くほど楽にする3つの脱アルコール術

つらい二日酔いを驚くほど楽にする3つの脱アルコール術
「二度と酒は飲まない!」と誓ってしまう朝、経験ありませんか?二日酔いはこんな普段思わない事を誓わせてしまうほど、苦しいものですよね。二日酔いは体内に摂取したアルコールの分解過程で生じる、アセトアルデヒドという毒性物質などが原因です。また、アルコールの利尿作用による脱水症状も二日酔いの原因となります。

二日酔いにならないように、お酒の量を加減する、飲むスピードをゆっくりにする、肝機能を高めるサプリメントをあらかじめ飲む、などの予防法を考えることも大事でしょう。しかし、お酒を楽しむ前にいろいろ考えなければいけないなんて無粋だ、と思う方もいらっしゃるでしょう。

飲み過ぎは良くない。こんなことはわかっているけど、日頃の節制を解放して、余計なことを考えずに、とにかく楽しくお酒を飲む!筆者はこの考え方、大好きです。二日酔いの心配しながら、かつお酒も存分に楽しむのは、無理でしょう。

重要なのは二日酔いになった後、いかに体を楽にするかです。そこで今日は二日酔いの症状を楽にする3つの「脱アルコール術」をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

風邪をひいたときはアルコールを厳禁にすべき7つの理由

風邪をひいたときはアルコールを厳禁にすべき7つの理由

よく昔は父親が風邪の時こそアルコールを飲んだ方が喉が消毒されてかえって早く治るんだ!と豪語して、母親の制止も辞めずに風邪をひいているにもかかわらずお酒を飲んでいた記憶があります。

確かに父親は次の日には風邪が治っていましたが、風邪の時に飲酒をするのはとても危険です。飲酒をする事によって体が熱くなり、風邪の菌を追い出すという考えで風邪の時にワインを飲む習慣がある国もありますが、基本的にはきちんと実証されていない言い伝えであるのです。

ですが、これからの時期、忘年会や新年会と飲酒をする機会が多くなる時期でもありますが、そこで風邪をひいているにも関わらず安易に飲酒をするのは危険です。では、なぜ風邪をひいたときはアルコールは飲んではいけないのでしょうか?その理由を説明します。

[ 続きを読む… ]