足の小指を骨折、悪化を防ぐため即刻すべき7つの処置

足の小指を骨折、悪化を防ぐため即刻すべき7つの処置
足の小指を家具の角にぶつけると飛び上がるくらい痛いですよね。きっと、あまりの痛さに骨が折れたのではないかと思う事でしょう。それでも痛みがすぐに引けばいいのですが本当に骨折していることもあるのです。

他にも、缶詰などの重たいものを足の小指に落としてしまって骨折することもあります。ヒビや骨折しているのにそのまま放置すると悪化してしまうことも考えられます。悪化するとなかなか骨がつかなかったり、骨がついても形が変形して歪んでしまうこともあります。

そこで今日は、足の小指を骨折してしまったとき、また骨折かどうかわからないけれどぶつけてひどく痛むとき悪化を防ぐために即刻するべき処置を7つお伝えします。ではご覧ください。



 

足の小指を骨折、悪化を
防ぐため即刻すべき7つの処置

 

真っ先にすること


足の小指を何かの拍子にぶつけて骨折したかもしれないと思ったときに真っ先にすべきことは、冷却です。冷やすことで、内出血や周りの細胞を壊してしまうなどの進行を最小限にとどめます。痛みも冷やすと、少し和らぎます。

まず冷やすということは、骨折以外捻挫や打撲でも有効です。小型の氷嚢があればすぐに冷やすことができますが、ない場合にはビニール袋に氷と水を入れて氷嚢を作ることができます。それもない場合には、流水で冷やすということでも構いません。とにかくすぐに冷やしましょう。

 

病院に行くまでにすること


病院に行くにも足の小指のヒビならまだ何とかそのままで歩けても、完全に骨折していると痛くて歩きにくいものです。逆に感覚がなくなるということもあります。かかとで歩いたり片足で歩いたり痛い方の足を引きずったりということになるでしょう。

その時さらに転んでしまって、別の場所を怪我をしてもいけません。骨折をしたかもしれない足の小指に、添え木をして患部を保護してから病院に行きましょう。

添え木はダンボールや厚紙等で代用できます。指の形に沿って指を覆うように折り目を入れてそれをテープで固定して添え木になります。

 

通院する


足の小指を骨折したことが整形外科などの病院のレントゲンの結果などでわかれば、ギブスを使用することになります。骨折すると1週間ぐらいで新しい骨ができてくるのが白く映るので、そこで初めて「骨折していますね。」と言われることもあります。

骨折した場所のギブスは、お湯の中で足の小指の形に沿ったものを病院で作ってくれます。1ヶ月ぐらい固定して、その後1週間毎ぐらいにレントゲンで足の指の骨折部位の確認をしてくれます。そのたびにギブスを外してつけて、最終的に骨がついていたら通院は終了です。

途中でギブスが外れてしまって、勝手に自分で足の指に合わないものをつけていると、足の骨が歪んでついたりしますのではずさないようにします。外れてしまったときには病院に行きましょう。

 

靴を選ぶ


足の小指の骨に添え木をすると普通の靴は履けません。無理に普通の靴を履いても骨折をしている上に、血行も悪くなるので患部を悪化させるばかりです。クロックスのようなサンダルで、足がきつくないものを履くことが大切です。

スリッパは靴底が薄く振動が骨折している場所にひびくので歩く距離が長いと辛いかもしれません。今は骨折したときや指が腫れているときもはけるようなサンダルも出ていますので探してみてくださいね。

 

食事に気をつける


骨粗しょう症になりやすい高齢者は骨折もしやすいものです。また成長期の子供も骨の先端は新しいので骨折しやすいと言われています。その他の人でも食生活が乱れていて栄養が十分に摂れていないと骨がもろくなっていることもあります。

食生活が偏っていると思われるときにはカルシウムやマグネシウム、ビタミンDの多い小魚や乳製品をしっかりと食事に摂り入れましょう。ビタミンDは干ししいたけやきくらげなど乾物や魚に多く含まれています。食品から取るのが難しいときには薬やサプリもありますのでうまく利用しましょう。

 

ギブスがとれたら


ギブスを長い間はめていると外した時に足が動かしにくくなっています。お風呂に入った時にゆっくりと足の指を手で持って動かしてみたり、自分で足の指を丸めたり伸ばしたりしてみましょう、リハビリにもなります。もちろん痛いときには無理をせず気長によくなるのを待ちましょう。

 

完治した後は骨折した場所を冷やさない


骨折した場所は神経も傷ついているため冷えると痛みが出ることがあります。寒い季節では1年前の骨折の場所が痛くなることもあります。

それ程激しくはない鈍痛のような痛みですが、寒い季節には保温に努めて、靴下の厚いものを履いたり、足首を冷やさないように気を付けましょう。骨折した所が痛むとそれを庇うような動作になり体の他のところが凝ってしまうこともあります。

 

いかがでしょう、足の小指の骨折は、ちょっとした不注意から起こってしまうことが多いですね。『なんでもっと気をつけなかったんだろ!』と後悔してしまうものですが骨折してしまったからには早く治すことを第一に考えましょう。

骨折しているのに病院に行かず、自己流で治そうとすると後々足の指が変形してしまい、日常生活が不便になってしまうことも考えられます。足の指の骨折かもしれないと思ったら早めに病院に行って処置してもらいましょう。

まとめ

足の小指を骨折、悪化を防ぐ為には

・真っ先にすること
・病院に行くまでにすること
・通院する
・靴を選ぶ
・食事に気をつける
・完治した後は骨折した場所を冷やさない