次亜塩素酸水がウイルス対策にバッチリ!その7つの理由

次亜塩素酸水がウイルス対策にバッチリ!その7つの理由

次亜塩素酸水という言葉をきいたことがあるでしょうか。初めて耳にする方も多いと思いますが、この次亜塩素酸水は、生活の多くの場面で知らぬうちに活躍している成分です。

次亜塩素酸水は、最近特にウイルス対策などに効果を発揮することが騒がれていて、インフルエンザなどの病気が蔓延する季節になると色々な場面で活躍を見せてくれます。

ではこの次亜塩素酸水はどのような理由でウイルス対策の代名詞と言われるまでになったのか、その効果も含めて解説していきたいと思います。インフルエンザや風邪がはやる冬には特に、次亜塩素酸水の効果を実践していきたいですよね。

しかし強力であるがゆえに扱いも難しく、子どもに対して不要に体内に取り入れ無いよう注意も必要です。

 

次亜塩素酸水がウイルス対策に
バッチリ!その7つの理由

 

ウイルスを不活化する効果

次亜塩素酸水は、様々なウイルスを不活化する効果があると言われています。そのため、厄介な感染症のもとになるウイルスを不活化させるために、病院や学校などで消毒に使用されるのです。

また、家庭内でも消毒に効果があるとして、ネット通販などでも簡単に購入できるのですが、次亜塩素酸水は取り扱いを間違うと、簡単にただの水に戻ってしまうために注意が必要です。

ただの水ではウイルスは不活化できませんから、取扱説明書をよく読んで使用し、保管場所にも気を付けましょう。

 

プールではおなじみ

「次亜塩素酸水」と言われると、「なんじゃそれは?!」と首をかしげてしまうのですが、夏のプールに投入する「カルキ」と言われると「ああ、あれね。」と思いますよね。カルキは次亜塩素酸をソーダ化したもので、においも強烈なうえに漂白効果まであります。

プールの応援などでうっかりと水をかぶってしまい、洋服の色素が落ちたという話も聞いたことがあるはずです。カルキはプールの消毒だけでなく、皆様の家庭の水道水にも含まれています。もちろん濃度は調節していますが、口に入れても毒性がない上に殺菌作用もあるという優れた成分と言えるでしょう。

水の汚染された地域では、カルキの濃度も高くなり、水道水の味も匂いも質も落ちる上に、カルキは完全な無毒性というわけでもないため、水道水を直接口にすることは避けた方が良いでしょう。

 

食材の殺菌効果

次亜塩素酸水は、食材の殺菌効果にも優れています。食材についた菌を除去するために次亜塩素酸水の含まれた殺菌商品を塗布することも一般的でしょう。殺菌効果のある商品の「原材料」をみると、多くの場合「次亜塩素酸水」の文字が見つかるはずです。

もちろん菌だけでなく、ウイルス除去にも効果を発揮するため、冬だけ使用するという人も少なくありません。

 

高い殺菌力を持つ

次亜塩素酸水を含んだ殺菌剤は、その他の成分による殺菌剤に比べて高い効果を発揮するとの実験結果が得られています。効果はものや濃度にもよりますが、他の商品の数十倍の殺菌効果を見せた場合もあります。

風邪やインフルエンザなどのウイルス感染をした場合、免疫力低下によって他の細菌にも感染しやすくなるため、身の回りのものを殺菌しておいた方が良いでしょう。ただし、濃度の高い次亜塩素酸水は子どもの口に入れない方が良いので、霧状のスプレーなどで散布することは避けましょう。

 

厚生労働省のおすすめ

次亜塩素酸水が、学校や病院で多く使われるのにはわけがあります。それは、厚生労働省が次亜塩素酸水の効果を絶賛し、広く推奨しているからです。病気や感染症の蔓延は国力の低下にもつながります。

そのため、国民の間になるべく病気が広がらないように、次亜塩素酸水を使った商品での殺菌や消毒を推奨しているのです。国の機関が推奨していることは、使用する側にとっても大きな安心感があるため、次亜塩素酸水は今後も活躍の場を広げることが予想できます。

 

ノロウイルス対策の実績

次亜塩素酸水は、ノロウイルスが蔓延した地域で、その効果を発揮しています。ウイルス除去にとてつもない効果を見せ、ノロウイルスの感染の拡大を抑えたのです。

ノロウイルスの患者のいる病院などで、消毒の際に次亜塩素酸水の入った殺菌剤をしようするなどして効果を実験したのです。ノロウイルスは感染力の凄まじい怖いウイルスですから、それを防ぐ次亜塩素酸水もまた、「すごい!」との称賛に値するでしょう。

 

デングウイルスでの実験

2014年に東京都民を震撼させたデング熱の流行ですが、ここでも次亜塩素酸水は効果を発揮しました。次亜塩素酸水を含んだ抗ウイルス剤を使用した場合、そうでないものに比べて数倍もウイルス除去ができたとのことです。

デング熱自体は、命に関わることも少なく、それほど恐ろしい病気でもないのですが、外来性の感染症ということで都民を恐怖に陥れました。そんなデングウイルスにさえもひるまない次亜塩素酸水は、感染症の蔓延を防ぐ有効な手段と言えるでしょう。

 

さて、次亜塩素酸水がウイルス対策に有効だとされる根拠について調べて紹介してみました。次亜塩素酸水という言葉自体になじみはなくても、その効果についてはご存じだった方も多いでしょう。

あらゆる殺菌剤などの成分をよく見ると、たいていは含まれている頼もしい成分です。特に、感染症が蔓延しやすい冬には、次亜塩素酸水の活躍の場も増えることでしょう。濃度によっては人体に有毒にもなりうるため、取り扱いにはくれぐれも注意してください。

 

まとめ

次亜塩素酸水がウイルス対策にバッチリ!その7つの理由

・ウイルスを不活化する効果
・プールではおなじみ
・食材の殺菌効果
・高い殺菌力を持つ
・厚生労働省のおすすめ
・ノロウイルス対策の実績
・デングウイルスでの実験


連記事