低血圧の改善に効果的な食事や生活習慣など、7つご紹介!

低血圧の改善に効果的な食事や生活習慣など、7つご紹介! 
「低血圧」とは、血液を体中に巡らせる「ポンプ機能」が弱くなり、血流が滞る状態のことを言います。血管のポンプ機能が弱くなる原因はいくつかあります。血管に健康的な力を取り戻すことで、低血圧は改善することができます。

低血圧を改善するために必要なことは、「食事」と「生活習慣」を見直すことです。特に現代人は低血圧に陥りやすい生活をしている人が多いため、改善点は多々あると思われます。夜型の生活をしている人や、日ごろから運動不足の人などはもちろん、いうまでもなく生活改善点はわかっていることでしょう。

低血圧を治すための食事や生活のアドバイスとともに、その理由をひも解いてご紹介していきたいと思います。下記の7つのポイントを押さえて、安定した血圧の健康的な体を取り戻しましょう!

 

低血圧の改善に効果的な食事や生活習慣など、
7つご紹介!

 

一番大切なのは「運動」

現代人に一番不足しているのは、ずばり「運動」です。運動不足によって、様々な病気が蔓延していると言っても過言ではありません。昔は乗り物も発展しておらず、すべて徒歩によっての移動でした。それだけでもずいぶんな「運動」であったと言えるでしょう。また、機械も普及していない時代には、すべてが手仕事によって行われてきました。

昔の人と現代人の圧倒的な違いは「筋肉量」です。一般人の筋肉量がとにかく落ちているのです。筋肉部分は血管が発達して太くなった部分なので、体中に血液を巡らせる力に満ちているということです。ムキムキに鍛える必要はないですが、「毎日30分以上歩く」など、できることから始めていきましょう。

 

大豆製品を主流に摂る

良質のたんぱく質を摂るためには、大豆が一番です。肉などの動物性たんぱく質もいいのですが、なんといっても大豆は「畑の牛肉」と呼ばれるほどに栄養価が満点の食物です。しかも、本物の牛肉は腐った肉業界のおかげでホルモン剤や病気の危険が付きまといますが、大豆は安全です。きれいな土で作られた大豆ほど栄養に満ちたものはありません。

納豆やみそや豆腐など、古くから日本人に食されてきた歴史もあり、日本人の体が吸収しやすい食物と言えるでしょう。筋肉や血管を作る「たんぱく質」を摂るときに、一番推奨できるのが大豆です!

 

「早寝」が無理なら「早起き」だけでも!

現代人は夜の時間に一人の楽しい時間を多く持ってしまい、朝が遅起きになり低血圧になるという悪循環を繰り返しています。人間はなるべく太陽とともに生活した方が良いのです。

その方が、より健康に近い生活を送れるからです。かといって日の入りとともに寝ろとは言えません。夜の間にしなければならないこともたくさんあるでしょう。長い間の夜型の生活ゆえに、早い時間には寝付けない人もいるでしょう。

そんな人にお勧めなのが、「早起き」です。早起きは簡単です。6時に目覚ましをセットしておけばいいのですから。まずは早起きを習慣づけていれば、夜も自然と眠たくなり、夜型の生活が改善できます。

 

コーヒーよりもココアでブレイク

ココアにはミネラルが豊富に含まれています。特にココアに含まれている「銅」は造血作用があるため、低血圧にはとてもいい食材です。毎日コーヒーや紅茶でブレイクタイムを持つという人も多いでしょうが、低血圧の方は、コーヒーをココアに変えてみてください。甘いものが苦手だという人は、砂糖を控えめか、入れなければいいのです。

 

夏はペットボトルを常備して!

体に水分が少ないと、血液が濃縮してドロドロになり、血流も停滞しやすくなります。特に低血圧の人は、

 

血液をドロドロにしないように水分摂取を忘れずに行いましょう。

モデルなどのように1日2~3リットルも飲む必要はありません。冬であれば0.8~1リットルほどで十分です。汗をかきやすい夏であれば、1.5リットルほどを目安にしましょう。ペットボトルを常備して、「喉が渇いた」と感じたら、一口口に含ませる程度で、水分不足は改善できます。

 

緑黄色野菜でビタミン補給

カボチャや人参、トマトやホウレン草などの緑黄色野菜には、ビタミンが豊富に含まれています。「野菜」というと、レタスやキャベツやきゅうりなどの、「ほぼ水分」でできているスカスカの生野菜を軽いサラダにして食事に取り入れ、「野菜を食べている」気分になっている人は多いのですが、低血圧の人に必要なのは緑黄色野菜なのです。

温野菜などにして毎日摂取することを目標にしましょう。煮物など、外食の際にも緑黄色野菜は摂りやすいと言えるので、無理なく摂取できるでしょう。

 

スイーツはフルーツで!

大豆や野菜に含まれるミネラルの吸収をよくするために必要な栄養素は「ビタミンC」です

ビタミンCを効率よく毎日摂取するためには、果物をたくさん食べるといいでしょう。

果物にはビタミンC以外にも多くの栄養素が含まれていて、美肌効果も見込めるためにお勧めです。甘いものが食べたくなったら、ミカンやバナナなどのビタミンCが豊富な果物を食べて、ビタミン不足を改善しましょう。
低血圧を改善するために有効と思われる食品や生活習慣の見直しを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。低血圧にも種類があり、改善するために長期間を要するものもありますが、食事の改善だけで簡単に治るものもあります。

低血圧を放っておくと、そのうちに血管が弱ってしまい、動脈硬化などの深刻で治りにくい病気に移行するため、早めの改善をお勧めします。一定量の筋肉を体に付けることと、早寝早起きなどの生活習慣の改善は、気持ちを奮い立たせて頑張りましょう!

まとめ

低血圧の改善に効果的な食事や生活習慣など、7つご紹介!

・一番大切なのは「運動」
・大豆製品を主流に摂る
・「早寝」が無理なら「早起き」だけでも!
・コーヒーよりもココアでブレイク
・夏はペットボトルを常備して!
・ゆで野菜でビタミン補給
・スイーツはフルーツで!


連記事