胸椎圧迫骨折を引き起こす原因と痛みを和らげる方法

胸椎圧迫骨折を引き起こす原因と痛みを和らげる方法
胸椎圧迫骨折を発症する患者は、年間数十万にもおよびます。胸椎とは、一般的に背骨と言われている部分の首と腰の間で、肋骨と繋がっている胸の部分の背骨を指します。骨折と言ってもポキっと折れるのではなく、この胸椎を繋いでいる推体が何らかの衝撃などで縦に潰れてしまうことが胸椎圧迫骨折です。

この部分を骨折してしまうと、脊髄神経を刺激し、強い痛みや痺れを感じます。また、完治も難しく、進行によっては後遺症を持ってしまう場合もあります。

ここでは7つの項目に分けて胸椎圧迫骨折の原因や対処法、治療について、大まかに解説します。圧迫骨折は予防と対応が後遺症を残さない為に大切ですので、少しでも知識を身につけて備えましょう。

[ 続きを読む… ]

胸椎圧迫骨折と診断された時に注意すべき7つのこと

胸椎圧迫骨折と診断された時に注意すべき7つのこと

背骨の胸椎部分に圧力がかかり、骨折してしまうことを胸椎圧迫骨折と言います。大きな事故ではなく、「しりもちをついた。」とか「転んだ。」という程度の衝撃で胸椎圧迫骨折になる人が多いといいます。

その場合、もともと骨が弱っていた可能性が高いため、普段から骨を強くする健康的な食生活や運動を心がけておくといいでしょう。胸椎圧迫骨折になってしまった人は、普通の骨折とは違った注意がいくつか必要になってきます。

それらの注意点についてまとめてみたので、回復までの間の行動の参考にしてください。胸椎を損傷すると、通常の歩行が困難になるため、入院を余儀なくされるでしょう。一日も早く仕事や日常生活に戻るため、全力で完治を目標としましょう。

[ 続きを読む… ]